- welcome -

ラズベリー味のザッハトルテ


今月はチョコい月なので
ウァレンティヌスさんの命日とか関係なく
 隙を見てはチョコっていきたいと思います。



さて。


某有名レシピサイトで高評価のチョコレートケーキの
スポンジの作り方が特殊だったので
 作ってみました。


砂糖たっぷりで卵白泡立ててから
卵黄入れて
薄力粉入れて、さっくり混ぜてから
ホットミルクで練ったピュアココアと無塩バターのペーストを加え
 焼成。


2018020601.jpg 


ふむ。


2018020602.jpg 


スライス。


おお、断面はキレイだし、触感も良い感じ。


しかし甘い!すごい甘い!!


この甘いスポンジに
甘いチョコクリームを合わせるらしいのですが
 ちょっとその勇気が出なかったので。


2018020603.jpg 


ラズベリーピュレと砂糖を煮詰めて即席のジャムを作り
 隠し味にホワイトチョコを少々。


2018020604.jpg 


スライスしたスポンジにぬりぬり。


2018020605.jpg 


重ねてから
 ビターめのガナッシュクリームでコーティング。



カットしてからココアパウダーでお化粧して
微糖ホイップクリームを添えて
 できあがり。


2018020606.jpg 


ラズベリー味のザッハトルテ。



本格ザッハよりも柔らかいしっとりスポンジ。


アンズ代わりのラズベリーも、良い感じの酸味。


ラズベリーとビターチョコは
大正解の組み合わせだから良いとして

コーティングのガナッシュは
手を抜かずちゃんとザッハ用のコーティングにするべきだったかな
 と、少々後悔。



なかなか良いレシピ。
でも、もう一息。


理想のザッハトルテを見つける旅はまだまだ続く~。
(´-ω-`)
 
 
 

リンゴまきまき


昨日の節分。


イベント価格のお高い太巻きを買う気は起きないけれども
 なんだか巻いた物を食べたい気分。


2018020401.jpg 


中力粉、ぬるま湯、サラダ油、塩を、こねこね。


2018020402.jpg 


つやっとまとまったらラップに包んで30分ほど休ませる。


2018020403.jpg 


その間にリンゴを16等分にしてからイチョウ切り。

レモン汁、レモンの皮のすりおろし、ラム酒で和えておく。


2018020404.jpg 


次にフライパンでパン粉を乾煎り。
こんがりしてきたら火を止めてバターを加え
 全体に馴染んだらグラニュー糖を加え中火。
砂糖が少し溶けて全体がしっとりするまで火を加える。


2018020405.jpg 


炒めたパン粉を刻んでおいたリンゴに加えて混ぜておく。


2018020406.jpg 


クッキングシートの上で生地を薄く伸ばす。
春巻の皮くらいの薄さ。
向こう側がほんのり透ける程度。


2018020407.jpg 


リンゴ+パン粉を乗せて平らに。
シナモンを振るう。


2018020408.jpg 


クッキングシートごと持ち上げ
 生地が破れないように慎重に少しずつ巻いていく。


2018020409.jpg 


バターとアップルジェリーを混ぜた物を表面に塗り
 30分焼成。


10分毎にオーブンから出して
バター+ジェリーを塗り直し
 美味しそうな焼き色に仕上げていく。


2018020410.jpg 


焼き上がり。


2018020411.jpg 


焼き立ての内に切り分ける。
そして食す!


2018020412.jpg 


アプフェル・シュトゥルーデル。

今回はマスカルポーネクリームのキャラメルがけを添えて。

カリッとした皮の中に
あつあつリンゴたっぷりで
パン粉からはじゅわっとリンゴ&ラムが溢れてきたり
 キャラメリゼされていてカリッとシナモンが香ったり。



冬に1度は食べたくなるお菓子です。
 
 
 

オープン・エンパナーダ


2018012901.jpg 


前回の信号機パイの際、パイ生地だけ余らせてしまいました。

何か詰める物・・・と言っても甘いパイは3種類もあるし。

そんな時は。


2018012902.jpg 


オリーブオイルでニンニクを炒め
タマネギ、パプリカ、ツナ缶、トマト缶を水分が飛ぶまで炒めて
塩コショウで味付け。

最後にざっくり刻んだ固ゆで玉子と和えた物を、


2018012903.jpg 


パイに詰め詰め。


本来はここでさらにパイ生地を被せて焼くのですが
 パイ生地がもうないので省略。


バターと小麦粉少なめで、カロリー控えめってコトで。
(´ڡ`)


2018012904.jpg 


表面に焦げ目が付くまでオーブンで焼いたら完成。


2018012905.jpg 


エンパナーダ。


スペイン・ガリシア地方の甘くないパイ料理。


生地は、パン生地でも冷凍パイシートでも。

具も、肉でも魚介でも野菜でもなんでも。

スパイシーにすれば酒のつまみになるし

優しい味付けにして固ゆで玉子を加えると
 おふくろの味になるそうな。


ほっこりとした素朴な美味しさ。



余り物でも、遠い異国の料理を作ると
なんだかオシャレに
 そして料理上手に見えちゃう不思議。

(*´ω`*)
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time

grems tree