- welcome -

ぐるぐるアップルローズパイ


あちらこちらで蕾が膨らんできていたので
もうすぐ春が来るのだと思いきや
気温が一向に上がらず、相変わらず朝晩は氷点下で
 地面はいつまでも茶色のまま・・・。


まだまだフキノトウは食べられそうにありません。


仕方がない。

冷蔵庫の中の『冬』を片付けるのに
 専念するとしましょう。


2017031101.jpg 


りんご。


昨年のリンゴは
収穫量も味もイマイチだったけれど
不思議と未だにフカフカにならないのです。

シャリシャリです。
味はイマイチだけど。



さて。


2017031102.jpg 


リンゴは4等分にして芯を取り除き
 皮ごと1mmくらいに薄くスライス。


耐熱ボウルに入れて
リンゴの重さの1/4程度の砂糖をまぶし
よく和えてからラップをして
 電子レンジで2分加熱。



リンゴを冷ましている間に
 カスタードクリームを作ります。


2017031103.jpg 


そんなにたくさん使わないので
他に使う当てがない場合は
代わりにリンゴジャムとか
バターとシナモンシュガーを混ぜた物とかでも。

色々な種類作っても楽しそうですな。



具材の準備ができたらパイ生地を伸ばします。


2017031104.jpg 


今回は手抜きで市販の冷凍パイシート。


手抜きの言い訳。


手作り生地だと膨らみ易いので
今回はあまり膨らまない
 市販の冷凍パイ生地がオススメなのです。


2017031105.jpg 


1~2mmくらいに薄く伸ばし
 縦5cm×横30cmくらいにカット。

約40gになります。


2017031106.jpg 


表面にカスタードクリームを薄く塗って。


2017031107.jpg 


パイ生地から1cmくらいはみ出すように薄切りリンゴを並べます。


端から端までちょっとずつ重なるように。
けっこう雑でも大丈夫。


2017031108.jpg 


パイ生地をパタンと半分に折り畳んだらば。


2017031109.jpg 


端からくるくる巻いて。


2017031110.jpg 


最後まで巻いて縦に起こすと、こう。


2017031111.jpg 


焼き色を良くする為に
パイ生地の表面にリンゴから出た煮汁を薄く塗って
 アルミカップへ。


リンゴは外向きに倒すように指で軽く押して形を整え
170℃のオーブンで20~30分焼成。


冷めてから粉砂糖を降るとさらに可愛さアップです。


2017031112.jpg 


ぐるぐるアップルローズパイ。



アップルパイの上に
薄切りリンゴを巻きながらバラの花を成型していくよりも
 はるかに簡単。


ホームパーティーやお茶会にお呼ばれした際の手土産に。


間近なイベントだとホワイトデーですかね。


男性からの手作りのお返しってのも
今どきの若い子っぽくで
悪くないかもですよーぅ?
 
 
 

ひな祭りマカロン


桃はおろか梅もまだまだ。

昨日の夕方まで雪が降っておりました。


2017030301.jpg 
びたーん!


2017030302.jpg 
おひょっ♪


ゴマフアザラシかな?


まぁ、この雪が溶けたら
来シーズンまでまとまった積雪もないでしょうし
 今のうちに好きなだけのたうちたまへ。



さて。



桃の節句です。
ひな祭りです。


女の子の日なので
 女子力多めでお送りいたします。


マカロン作ったよ!


2017030303.jpg 


粉砂糖とアーモンドプードルをよく振るって
よく混ぜたものを2つ用意。

赤と緑の着色料をそれぞれに加えて。


メレンゲ加えて
カマロナージュして
鉄板に絞り出して
高温でエピ作ってから
 低温でじっくり焼いて。


2017030304.jpg 


和風な薄桃色と萌黄色のマカロン生地を作ったらば。


2017030305.jpg 


冷蔵庫にあった白い物。


ホワイトチョコ、クリームチーズ、生クリームで

ホワイトクリームを作って。


あとはマカロン生地にクリームをサンド。


下が萌黄で上が薄桃。


2017030306.jpg 


ひな祭りマカロン。


ひし餅をリスペクトした配色にしてみました。



可愛い&美味しい。


女の子はワガママですからな。


花も団子もどっちも大事です。
 
 
 

まだつぼみ


何かしらの
目に見えない力が働いて
冬眠&山籠もりが妨害され続け
 山タヌキは不機嫌です。
がるがるる


しかし春は待ってくれません。


そろそろフキノトウも食べたいし
 仕方がないので起きようかと思います。



雪もほぼ溶け
朝晩は凍っていますが
 日中はどこもぬかるみ。


歩きにくい分
 植物たちには顔を出しやすい地面の硬さになってきたようです。


2017022701.jpg 

フクジュソウ。


2017022702.jpg 

スノードロップ。


2017022703.jpg 

ダンコウバイ。


2017022704.jpg 

お、フキノトウ♪


でも食べるにはちょっと小さすぎ。


もう少し大きいのがポコポコ出てくるまで
 もうしばらく待つとしましょう。



さて、待つ間
冬眠の二度寝をしたら
 そのままズルズル寝過ごしてしまいそうだし。


まぁ、素直に現実と向き合うと
2月中グダグダしていた所為で溜まった
やらなきゃいけない事は
 腐りそうなくらいあるのですけれども。


後天性やる気が出ない病発症中。

どうにもこうにも
 何かに打ち込む気力が湧きませぬ。

 困った困った。
(+_+)
 
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time

grems tree