FC2ブログ

- welcome -

干しワラビと干しゼンマイ


ワラビ・コゴミ・ゼンマイ

春の山菜を代表するといっても良いこの三種類。


実は今まで見分けがついていませんでした。


家の周りでも普通に見かけますが、全部「シダ」。

方法を知っているだけに、あく抜きはめんどくさそうだし。

あくを抜いてもやっぱりなんか渋い?苦い?し・・・。

採りもしないし、食べてもいませんでした。


・・・しかし。


目覚めてしまいました。

ご近所の詳しい方と一緒にお散歩しつつ

教わりつつ、山から採ってきました。三種類。


楽しい。

山菜狩り楽しいです。

ポキッ、って。

あの折る瞬間の手ごたえがなんとも!!



さて、シダ君たち。


まず、あくのほとんどないコゴミは

その日のうちにおひたしに。

もぐもぐ。うまうま。

胡麻和えも美味しいそうです。次回はそうしよう。


その他の下処理もなるべく新鮮なうちに。


ワラビは重曹であくを抜いて、半分を干しワラビに。


ゼンマイは適度に軟らかくなるまで煮て、干しゼンマイに。


ちょうど絶好の干し日和だったので、天日干し。



Gooseberryの植木鉢-茹でゼンマイ



午前10時30分頃のBefore。



Gooseberryの植木鉢-干しゼンマイ



そして同日午後10時頃のAfter。


お日様の下で放っておくだけ。

たまにひっくり返してあげます。

湿度の低い高山地方なので、一日もすればこんな感じ。

念のためにもう一日干します。


こうしておけば一年は保存できるそうです。



お料理はまた次の機会に。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time