fc2ブログ

- welcome -

ガーリックチキン と レモンケーキ




2023060101.jpg




水切りヨーグルト、玉子、砂糖、塩を
よく混ざるまで、ぐーるぐる。


2023060102.jpg


振るっておいた薄力粉とベーキングパウダーを加え
 さっくりくるくる。
混ぜすぎると粉の苦みが出るので、さっくりくるくる。


2023060103.jpg


レモンゼスト、溶かしバター、バニラエッセンスを加え
なめらかになるまでぐるぐる。

型に入れて焼成。


2023060104.jpg


焼けました。


2023060105.jpg


レモン汁と粉砂糖を混ぜておいたグレーズを
粗熱の取れたケーキにたっぷり染み込ませ
冷蔵庫でじっくり1晩ねんね。

あとは食べる直前に粉砂糖でお化粧すれば完成。



以上が28日の出来事。

以下が29日。



2023060106.jpg


おチキン丸ごとドーン!

500円ちょいだったので、つい。
美味しく作るコツが
「いろんな部位の鶏肉を使うコト」だったので
 これは運命かと。


2023060107.jpg


食べやすいサイズに切り分けて
サラダ油、塩麹、パプリカパウダーを揉み込み
30分ほど漬け込んだら
 オーブンで20分くらい焼きます。


2023060108.jpg


その間に、ニンニクとタマネギを刻み、バターで炒めます。

本当のレシピではタマネギとニンニクの量が逆です。
でもニンニクいっぱい食べすぎるとお腹痛くなっちゃうので
 新タマネギたっぷりにしました。


2023060109.jpg


牛乳と生クリームを加え、ひと煮立ち。
塩で味を調え、火を止めたら
コリアンダーパウダーとフェネグリークパウダーを加えて待機。


2023060110.jpg


お肉が焼けました。


2023060111.jpg


お肉をフライパンに移し、ソースをよく絡めます。

耐熱皿に残ったパプリカチキンオイルは別の器に移してから
お肉、ソースを耐熱皿に戻し、オーブンで再度5分ほど焼きます。


2023060112.jpg


ジョージア料理の『シュクメルリ』完成です。


2023060113.jpg


お皿に取り分け
ガーリックを追加したり
パプリカチキンオイルをかけて
 いただきます。

素朴でシンプルな味わいと思いきや
 複雑なスパイスの風味が素材の旨みを引き立ててなんとも奥深い。



2023060114.jpg


デザートは『ヨーグルトレモンケーキ』。

フランスのおばあちゃんのレシピだそうで。

レモンの爽やかさと優しい甘さのバランスが絶妙な
 モグモグ系ハードケーキ。



以上が今年のからんとの素晴しきお誕生日ディナーでした。
(自画自賛)
はっぴばーすでー・とぅー・ぽんぽこぽーん!!


大量に作ってしまったので
 翌日はほぐしたチキンとソースを白米に乗っけて「しゅくめるり丼」
翌々日は余ったソースで「ジョージア風クリームソースのパスタ」でした。



さぁてぇ
また1つレベルが上がってしまったので
 次のレベルまで頑張らねばなりませんなぁ。
( ̄▽ ̄)
 
  
 

関連記事
スポンサーサイト



Secret

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

twitter → @yamatanupon

calend archive

search

what's new

category

月 (6)