FC2ブログ

- welcome -

余りマッシュポテトのじゃがパン


作り過ぎたマッシュポテトの残り半分。


2018052801.jpg 


強力粉とドライイーストを計量し、よく混ぜておく。


2018052802.jpg 


マッシュポテトに砂糖、塩、バターと、熱湯を少々加え
 全体をよく混ぜたら、


2018052803.jpg 


粉を少しずつ加えながらまとめて捏ねて。


2018052804.jpg 


1次発酵。


2018052805.jpg 


分割して表面にサラダオイルを薄く塗ってベンチ。


2018052806.jpg 


再成形の際には
 まな板に強力粉と荒く砕いたオーツ麦を散らして。


2018052807.jpg 


最終成形&2次発酵。


2018052808.jpg 


発酵が終わったらクープ&焼成。


2018052809.jpg 


焼きジャガみたいな、こんがりじゃがパン。


見た目に反して柔らかく
 きめ細かい生地のパンです。


小麦とオーツ麦とジャガイモの
 甘い香ばしさが食欲をそそるのです。


2018052810.jpg 


焼きジャガみたいに
 焼き立てパンの切れ込みにバターを乗せるも良し。


2018052811.jpg 


薄くスライスしてからトースターでカリッと焼いて
 クラッカーみたいに具を乗せても良し。


2018052812.jpg 


ザワークラフトとブルストとか
アンズジャムとか
 ドイツっぽくしてみたり。



ニョッキの際にまた余らせちゃった
 ソース各種を塗っても美味しいです。


お気に入りはタラコクリーム。


タラモサラダがあるように
 ジャガイモと魚卵ってなかなかに相性が良いのです。



よし!マッシュポテト無くなった!


主食のおかずに炭水化物が摂取しづらいのなら
炭水化物なおかずを主食に変えてしまえばいいじゃない?
と思ったのですよ。
 
 
 
スポンサーサイト

余りマッシュポテトのニョッキ


2018052301.jpg 


定期的にマッシュポテトを作り過ぎてしまいます。


そのまま食べるにはちょっと多すぎるので。


2018052302.jpg 


とりあえず半分に、塩とタマゴをよく混ぜたら。


2018052303.jpg 


強力粉を少しずつ加えて。


2018052304.jpg 


強力粉の量を調整しながらまとめ
 まとまるようになったらよく捏ねて。


2018052305.jpg 


打ち粉をしたまた板の上で棒状にして
包丁で切って、形を整え
 フォークの背で軽く潰して線を入れて。


2018052306.jpg 


全部できたら
沸騰させたお湯に塩を入れ
放り込み
軽く混ぜつつ
浮いてきてから更に1分茹でて
 完成。


2018052307.jpg 


湯から上げたらオリーブオイルで和えてくっ付かないようにして
 あとはお好みのソースを準備。


今回は残り物や常備品を活用して、っと。


2018052308.jpg 


ジャガイモのニョッキと5種類のソース。


←ソースは左から
ジュノベーゼ
トマト
キノコパテ
タラコクリーム
 アンチョビバター。


冷凍庫の作り置きを溶かしただけのジュノベーゼソース。


微量に残ったミネストローネに
刻んだトマトとオレガノを加えて
 ちょっと煮詰めたトマトソース。


瓶詰めしておいたキノコパテ。


牛乳と生クリームを適度に煮詰め
火を止めてからほぐしたタラコを混ぜただけの
 タラコクリームソース。


作り置きのガーリックバターに
ピザの時に余った缶詰のアンチョビを刻んで混ぜただけの
 アンチョビバターソース。



おなかポンポン。
冷蔵庫スッキリ。


うむ、豪華な残り物活用だ。
(*´▽`*)
 
 

2018 モリーユ豊作


4月の早い時期に夏日を記録したと思ったら
 5月はいつまで経っても霜注意報が発令され。


昼夜の差も激しく
日中は軽く25℃を越えたと思えば
 陽が落ちた途端に5℃まで下がり。


寒暖差しんどい。



植物たちも混乱ぎみ。


2018052101.jpg 


まぁ、道草は今年も美味しく頂きましたけれども。
ワラビがあんまり採れなかったなぁ。



ただその激しい寒暖差が良かったのか
 アミガサタケが豊作でした。


発生場所が少々ズレ気味だったのと
バラ科だけでなくイチョウの下にも発生すると聞いたので
捜索範囲を広げてみたら
 あちらこちらにサークルを描きつつポコポコと。


ただし今年は
カメラとカゴを持っていない日に限って見つかるという
ジンクスに呪われた為
主に収穫後の写真しかございません。
(^^;)


2018052102.jpg 
2018052103.jpg 


数少ない収穫前の写真。


2018052104.jpg 


今年はシャグマも巨大でした。


2018052105.jpg 


色々な種類のアミガサタケが採れました♪


2018052106.jpg 
2018052107.jpg 
2018052108.jpg 


カゴもないので、ポケットをキノコでパンパンにしつつ散歩。


お裾分けしたり、保存用に乾燥させたり。


2018052109.jpg 


バターソテーにして
 ブラックとホワイトの味の差を楽しんでみたり。


2018052110.jpg 


焼きチーズと一緒にパンに乗せたり。


2018052111.jpg 


クリームソースにしてプレーンオムレツにかけたり。


2018052112.jpg 


ベーコンオムレツにかけたり。


2018052113.jpg 


リゾットにしたり。


2018052114.jpg 


パスタにしたり。


2018052115.jpg 


砂糖、塩、イーストにぬるま湯とオリーブオイルを加え、


2018052116.jpg 


強力粉を加えて適当にスプーンで練って、放置。


2018052117.jpg 


その日に採れたモリーユを、


2018052118.jpg 


ザクザク切ってバターで軽くソテーにしてから
 牛乳、生クリーム、塩をひとつまみ加えて煮詰め、


2018052119.jpg 


その間にザクザク刻んだタマネギとベーコンを炒め、


2018052120.jpg 


ソースが煮詰まったら、


2018052121.jpg 


和えて、少し冷ます間に、


2018052122.jpg 


発酵した生地を小分け。


2018052123.jpg 


手で適当に伸ばして、先ほどの具材とチーズを乗せて、


2018052124.jpg 


もう半分の生地も伸ばしてサンド。
端をしっかりくっつけて、


2018052125.jpg 


バターをひいたフライパンで、強めの弱火で焼いていく。


2018052126.jpg 


フタをしたりひっくり返したりしながら
 美味しそうな焼き色になったら、


2018052127.jpg 


完成。


2018052128.jpg 


アミガサタケのクリームソース入りパニーニ
 に、してみたり。



春キノコ、がっつり楽しみました。
(*´ω`*)


秋キノコも、豊作だといいなぁ。
 
 
 

菓子で茶を濁す


またしてもご無沙汰しております。


心身いたって健康です。

でもブログを書く気になれなかったのです。

ネタもマンネリ化してきたし
そろそろ止めようかなぁとも思いつつ

でも山タヌキの生存報告場所みたいなもんだしなぁ
 とも思う。


少数でも更新を楽しみにして下さっている方々がいるのが心の支えです。

いつもご訪問ありがとうございます。
m(_ _)m


とか言いつつ早速イヤガラセ。


ダイエット中、歯を磨いた後、寝る直前などに
 お菓子の写真をどうぞ♪


2018051501.jpg 


バターナッツカボチャのプリン。


バターナッツカボチャ
なかなか満足いく食べ方を見つけられずにいたので
頂く際に渋っていたらば。

「皮がちょっとシワシワになるくらいまで熟成させてみて!」
と言われたので
 腐らせるのを覚悟しつつ半年ほど放置。


うまい具合にシワシワしてきたので切ってみたら
 まるでスイカのような青臭いけど甘い香りで。


ちょっとスパイスを効かせたプリンにしてみたら
 これがまた美味しくできまして。


からんとの中では
 バターナッツの旬は『春』と定義されました。


2018051502.jpg 


イチゴのマカロンケーキ。


春になると作りたくなる一品。


この時は
イチゴのコンフィチュールを加えたクリームをサンドしたみたのですが
 ちょっと甘すぎました。


加工品とフレッシュは
 ケンカさせないようにするのが難しいです。


2018051503.jpg 


以上、試作品。


2018051506.jpg 


次に失敗作。


2018051504.jpg 


抹茶のレアチーズケーキ


見た目のマーブルに惹かれて作ってみたものの
 正直、酷い出来でした(笑)


チーズも抹茶もどちらも中途半端で。

ゼラチン多すぎて食感も気持ち悪くて。

やー、失敗失敗。


2018051505.jpg 


ヘルシーチョコロール。


何がヘルシーって
 お豆腐使用なのでカロリーが1/3くらい控えめ。


黙っていれば9割が豆腐の存在に気が付かない味だけれども
 口溶けが悪すぎてチョコとしての魅力が無い。



やっぱり、『見た目重視』と『カロリー控えめ』は鬼門だなぁ。



そんな失敗を踏まえての茶会。


まぁ、茶会と言っても
 こちらも試食会みたいなもんですけれども。

愛すべきモルモットの皆様に感謝を。
( ̄▽ ̄)ゞ


2018051507.jpg 


クッキー。


左上・四角いのはレーズンサンドクッキー。

目指しているのは『東ハト オールレーズン』。
ゴールまでの道のりは遠い。


右上・星っぽいのはピパルカック。

フィンランドのスパイスクッキー。
軽い歯触りと優しい味。
でも大量に食べると飽きる。


右中央・白くて丸いスノーボールクッキー。

もうちょっと口どけ良くしたい。
ひと回り小さくして1口で頬張りやすくもしたいかも。


右下・細長いのはスライスアーモンドクッキー。

卵白消費クッキーズの1つ。
スティック風にして食べ易さアップ。


左下・茶色くて丸いのはキャロブクッキー。

キャロブ。和名『いなご豆』。
最近注目され始めた
ヴィーガンやカカオアレルギー用のチョコレート代用品。


肉とチョコをこよなく愛する身としては
 チョコとは似ても似つかぬ味だけれども。


正直、キャロブの味は好き。
栄養豊富なのも魅力的。



最近どうもクッキー作りに嵌まっちゃって。


クッキーレシピの開発は
重さが5g単位
時間が30秒単位で別物になったりするので
こだわり始めると終わりが見えなくなっていけません。
(^^;)


2018051508.jpg 


ケーキ。


左からぐるんと。


イチゴのマカロンケーキ。

プリンケーキ。
ショコラフォンダン。
ベイクドチーズケーキ。
抹茶のガトーショコラ。

クッキーにはまっている分、ケーキの新作開発が疎かに。

ま、気が向いたら、順番に。


たぶん、きっと。

またもそもそと更新していきます。

何かを自慢したい時とか(笑)
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time