- welcome -

オペラとカブキ


ご注文頂いたケーキを作り終え
味見して
美味しくできたと確認したあたりで
 当初のリクエストを充たせていない事に戦慄する。


なので、せめて。


丁寧に作ったよアピール!!



まずは生地。


ビスキュイ・ジョコンドという
 アーモンドパウダーを使ったタマゴ別立てスポンジ。


2018021601.jpg 


ア-モンドパウダー、砂糖、薄力粉に卵黄を加え、よく練る。


2018021602.jpg 


別ボウルで卵白を泡立ててメレンゲに。


2018021603.jpg 


粉類と卵黄を練った方にメレンゲをひとすくい加え軽く混ぜ
溶かしバターとバニラを加え
なめらかになるまで混ぜてか
 残りのメレンゲを数回に分けて追加。


2018021604.jpg 


型に入れて、オーブンで焼成。


2018021605.jpg 


焼き上がり。


2018021606.jpg 


完全に冷めてからスライス。



次にガナッシュクリーム。


2018021607.jpg 


刻んだビターチョコに温めた生クリームを加えて溶かし
人肌以下の温度になってから練ったバターを加えて
 全体をよく練り合わせる。



次にバタークリーム。


まずはバニラソース。


2018021608.jpg 


卵黄にグラニュー糖を加え、白っぽくなるまで混ぜる。


2018021609.jpg 


温めた牛乳を少しずつ加えてよく混ざったら鍋に戻し
中火でモッタリするまで2、3分炊いたら
氷水で鍋を冷やし
 冷たくなってからバニラで香りを付けておく。


2018021610.jpg 


室温に戻したバターに粉砂糖を加え
 全体が白っぽく、軽くなるまで撹拌。
バターを泡立てるつもりで。


2018021611.jpg 


冷えたバニラソースを何回かに分けつつ加え
 その都度よく混ぜる。


2018021612.jpg 


最後にコーヒーリキュールを加えて
 コーヒーバタークリームの完成。



さて。



濃く入れたコーヒーとコーヒーリキュールでシロップを作り
 スライスしたスポンジに塗って。


2018021613.jpg 


型の底にまず1枚。


2018021614.jpg 


バタークリーム。


2018021615.jpg 


スポンジ。


2018021616.jpg 


ガナッシュクリーム。


2018021617.jpg 


スポンジ。


2018021618.jpg 


バタークリームの順で重ね
 冷蔵庫で冷やし固めてから、型から抜いて。


2018021619.jpg 


こんな感じのレイヤーに。


2018021620.jpg 


水+生クリームを鍋で温め
グラニュー糖+麦芽糖を溶かしてから
ピュアココアを加えて少々煮詰め
粗熱を取ってからゼラチンを加えて冷ました
グラサージュでコーティングして
 再度冷やして完成。


2018021621.jpg 


オペラ。


オペラ座に由来したフランス菓子。



なんとも上品な味になってしまって
「ビターだけどちゃんと甘い濃厚チョコケーキ」
ではないなぁ、と。


申し訳ございません。
m(_ _)m


なんなら作り直しますので、ご連絡下さい。


冷蔵庫から出して15分~30分くらいしてから
 切ったり食べたりするのがオススメです。



さて、ほぼ同じ手順ですが。


2018021622.jpg 


抹茶入りのビスキュイ・ジョコンド。


2018021623.jpg 


プレーンのバタークリーム。


2018021624.jpg 


濃厚抹茶のガナッシュクリームで、


2018021625.jpg 


抹茶味のオペラも作製。



オペラに相当する日本のモノって・・・歌舞伎?

じゃぁ、カブキで!


2018021626.jpg 


ってコトで、オペラとカブキ。



毎度ありがとうございます。
何卒またご贔屓に~。
(-ω-)/
 
 
 
スポンサーサイト

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time