- welcome -

長月の湯


夏日に戻ったりもしているけれど
そろそろ
湯船に浸かれるくらいの気候になりましたか?



9月の湯は『菊』


というわけで、キク科の花を取り揃え
 バスキューブにしてみました。


2017092101.jpg 


カモミール


キク科マトリカリア属。
和名はカミツレ。


保温、消炎、糖化防止
 良質な睡眠をもたらすなどの効果があります。


2017092102.jpg 


(見えずらいけど)下の茶色い層は硫黄塩入りのフィズ。
その上にドライカモミール入りのフィズ。
シアバターを塗って
 カモミールのバスソルトと花びら石鹸をトッピング。


カモミールとイランイランと硫黄塩のエキゾチックな香り。
東南アジアに硫黄温泉があったら
 こんな感じの香りかもしれない。


保温とリラックス効果で心地よい睡眠を。


2017092103.jpg 


カレンデュラ


キク科カレンデュラ属。
和名はキンセンカ。
別名はマリーゴールド。


皮膚のトラブル全般に効果のあるハーブです。
今年一番のお気に入りハーブ。


医者が薦めないくらいの強いステロイド剤を塗っても
3日で再発していた
瞼の痛痒くて赤く腫れぼったい湿疹が
カレンデュラオイルで
 今はキレイさっぱり出なくなりました。


1ヶ月かかったし
 塗り始めは逆に痒くて辛かったですけどね。


痒いけど見た目は赤くもカサカサもしなくなり
皮膚のデコボコも消えてゆき
 いつの間にか痒みもなくなり。
 再発防止に今も化粧水に混ぜて使用しています。


2017092104.jpg 


そんなカレンデュラのドライフラワー入りの黄色い層と
カレンデュラオイル入りの白い層のしましまフィズに
 シアバターとドライハーブと花びら石鹸をトッピング。


カレンデュラの香りは薬草っぽい香りなので
 カモミールとベルガモットのアロマオイルを加えました。


切り傷、肌荒れ、乾燥肌をケアします。


2017092105.jpg 


コーンフラワー


キク科ヤグルマギク属。
和名は矢車菊。


特にこれと言って肌に良い成分はないようですが
最高級のサファイアの色を表現するコーンフラワーブルーには
ストレス軽減効果があるそうな。

というわけで
 ドライフラワーをもっさり使ってみました。


2017092106.jpg 


ドライフラワーを入れたフィズの周りにシアバターを塗って
ドライフラワーをもしゃもしゃ貼り付けました。
上の飾りは金平糖。


ヤグルマギク自体は薄いカモミールのような香りなので
カモミールと
神経系をリラックスさせる効果のあるパルマローザのアロマをブレンド。


気持ちが疲れちゃった時のリフレッシュに。


2017092107.jpg 


もう1個おまけで『米麹』。
新米の季節にちなんで。


手ぬぐい袋は夜な夜なチクチク縫ったのよー?



お米関連は
米のとぎ汁、米ぬか、日本酒、酒粕と
 色々試しました。


米のとぎ汁は匂いも一番マイルドだし湯質も悪くないのだけれど
とぎ汁を温めないとお風呂のお湯が冷めちゃうし
送るの大変だし
 送っている間に傷みそうだし。


日本酒・酒粕は悪酔いしました。
お子さんのいるご家庭にはお勧めできません。


と、いうわけで『米麹』。

香りは最初少し気になるかもしれませんが
 お米類の中では湯質は一番好きです。

ツルツルぽかぽかの濁り湯になります。


2017092108.jpg 


夏の陽射しで疲れた肌を癒し
乾燥するこれからの季節に備えて。


ぽかぽかしてください。
(*´▽`*)
 
 
 
スポンサーサイト

2017年7月と8月の庭


ハーブ色々。木の実色々。野菜色々。


庭が年々
観賞用から栽培用に変わっていきます。

いいですけどね。


17091601.jpg 

ラベンダー。


フレンチ系は冬を越せないので
 家にあるのはイングリッシュ系。


17091602.jpg 

無駄に巨大化したフェンネル。


食べるに食べづらい。


17091603.jpg 

ヤマアジサイ。


17091604.jpg 

ヤマホトトギス。


鳥のホトトギスの羽根と柄が似ているから
 ホトトギスと名付けられたらしい。


17091605.jpg 

キキョウ。


今年は9月になってもまだ咲いてくれています。


17091606.jpg 

ヤマユリ。


「これから工事します」って看板とショベルカーの周りに
蕾がたくさんあったので
 根っこごと連れてきました。


窃盗だとは思っていない。
これは保護。


17091607.jpg 

ムラサキホオズキの花。


おばあちゃんがどこかから種を貰って蒔いたらしい。


紫色の鬼灯。
ハロウィン飾りに良さそうですな。


17091608.jpg 

シロアリが集まってくるので
庭の端に放り投げたグミが立派に野良化。


今までほとんど実も付けなかったのに
 すくすく育っております。


17091609.jpg 

ツバメノオモトの実。


山から連れてきて数年、今年ついに株が増えました。


この実も上手く種にして育てたらもっと増えないかな?


17091610.jpg 

ジャガイモ。男爵だそうな。


収穫のタイミングがよくわからない。
花が咲いたら?終わったら?


17091611.jpg 

トマト。


17091612.jpg 

甘い実ができました。


17091613.jpg 

2株プチトマトを買ったつもりが
 1株が中玉だった。


美味しかったから別に構わない。


17091614.jpg 

ピーマン。


何色になるかわかんないけど
カラーピーマンの苗あげるね!
と、貰って育てた。


17091616.jpg 

カラーはグリーンだったのかしら?


未だ収穫せずに見守っていますが
 部分的にほんのり黄色っぽくなってきました。


10月くらいまで待っていたら完熟するのだろうか・・・。


17091617.jpg 

カブトムシ。


オス2匹、メス1匹を拾ったので
外のムシカゴで養っていたら
わらわらと自主的にカゴの周りに集まってきたので
 そのままお食事にご招待。


勝手に来たり拾ったりで一時は20匹くらいいましたかね。


夏休み最盛期は都会からカブト狩りツアーが来るので
 匿います。

お盆が過ぎたらムシカゴのフタを開け放って放置。

みんな食べるだけ食べて
 お山に戻ってゆきました。



季節の中では夏が一番苦手ですが
それでも
 終わっちゃうとなんとなくさみしいですな。
 
 
 

2017年8月の散歩道


2017091201.jpg 


日中はそれなりに夏らしく暑く。

陽が沈むと、もう秋!?ってくらい
 涼しい8月だった気がします。


だって、8月上旬の夜に15℃って・・・。



さて、散歩道。


2017091202.jpg 

ネジバナ。


7月には咲いていた気がするけれど
 8月の方がたくさん見かけた気がするのです。


2017091203.jpg 

カワラナデシコ。


今年は良く咲く場所が草刈りされちゃって
 背の低い子が少しだけでした。


2017091204.jpg 

オミナエシ。


2017091205.jpg 

オトコエシ。


今年も仲良く同時期に開花。


2017091206.jpg 

オニユリみっけ!


だいぶ数が減ってしまったので
 見つけると嬉しいですな。


近くのユリ園が
近隣の山中のユリを持ち去って
 有料の園内に移植していた時期がありまして。


倒産・撤退しましたけど。
罰当たりめ。


2017091207.jpg 

ツリガネニンジン。


2017091208.jpg 

キンミズヒキ。


2017091209.jpg 

クリ。


この時期にしては良い成長。

今年はクスサンも少ないし
数年ぶりに栗拾いができるといいな♪


2017091210.jpg 

ギボウシ。


そう言えば春に新芽を食べ損ねました。


2017091211.jpg 

ウバユリ。


悪徳ユリ園もウバユリは持って行きませんでしたねー。

根っこ掘るの大変ですからねー。


2017091212.jpg 

ハクサンフウロ。


カワラナデシコの代わりにたくさん咲いていましたねぇ。


2017091213.jpg 

他所様のお庭のトウモロコシ。


どうして、何故
 バラとヒマワリの間にトウモロコシなのか。


2017091214.jpg 
み、みず・・・っ。

暑々のお散歩から帰ったら
 外の蛇口から水を直飲み。


2017091215.jpg 
鼻から水がっ!

そして咽込む。


それでも、溜めたお水じゃダメなのです。
流れているお水が良いのです。


男子の拘りだそうです。


さてさて、秋なのです。


木の実なのです、茸なのです♪

(´ω`*)
 
 
 

トマト、ズッキーニ、イベリコ豚


フラムクーヘンから早2週間。


「大忙し!」は過ぎたけど
 「めんどくさい」が押し寄せる季節なのです。


ああ書きたい。
具体的な愚痴を書きたい!!


書かないですけどね。



さて、美味しい物でも食べて気分転換するとしましょう。


2017090501.jpg 


食材を色々と頂いたのです。

夏野菜とか、高級食材とか。

 あなありがたや。
(-人-)


2017090502.jpg 


完熟トマトと2色のズッキーニは薄切りに。

耐熱容器にカラフルに並べたら。


2017090503.jpg 


塩・コショウ
刻んだニンニクとタマネギ
イタリアンハーブ
(オレガノ・タイム・ローズマリー)
オリーブオイル
 パルメザンチーズを降りかけて。


2017090504.jpg 


ズッキーニを全部切ったら大量だったのでもう1段。



オーブンは190℃。
アルミホイルを被せて20分
 取り外して10分。


2017090505.jpg 


焦げが目立つけど気にしちゃダメ。


カリカリのガーリックトーストに乗っけたり
ごはんを放り込んで簡単リゾットにしても美味しいです。



今回は
焼いている間にパスタを茹でて
イベリコ豚を大雑把に刻み
ニンニク・鷹の爪・オリーブオイルで
タマネギと一緒に炒め
 茹で上がったパスタを和えて。


2017090506.jpg 


山盛りパスタどーん!
一人分じゃないですよー?



以上をお皿に取り分けてから
生ハムを追加!


2017090507.jpg 


イタリア風 夏野菜のパルメザンベイク


イベリコ豚の生ハム入りスペイン風ペペロンチーノ



火が通って甘みが増したジューシーな夏野菜に
 カリッと焼けたチーズの塩気がたまりません。


トマトとハーブのおかげで
イベリコ豚特有のワイルドすぎる臭みや
生ハムの塩辛さも緩和されて
 お肉の旨みが引き立ちます。


んまいんまい。



夏の間はちゃんとしたご飯を作っている余裕がないのです。


残り物や出来合いやレトルトばかりだと
健康度も幸福度も底をついてしまいそうになります。


だから秋は
美味しい物をたくさん作りたくなるのです。



食欲の秋、開始のお報せ。

(*´▽`*)
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time

grems tree