- welcome -

2017年5月のおいしい山菜自慢 その2


もう7月だけど5月の事。

前記事の続き。


2017070501.jpg 


5月の道草もぐもぐ後半戦。


2017070502.jpg 


コゴミ。


今年は土手一面にコゴミが生えている場所を見つけたのです。


2017070503.jpg 


来年からカゴ一杯採れるですよ~♪


2017070504.jpg 


おひたし大好き。


2017070505.jpg 


間違えてスイセンを食べちゃう食中毒が多発するノビル。

やっと確実に判別できるようになりました。

とりあえず
葉っぱちぎってネギっぽい匂いがすれば
 スイセンではないのです。

丈夫なスプーンをポケットに忍ばせ
 見つけたらホリホリ。


ひげ根を千切って穴に戻し
 穴もきちんと埋め直すのがマナー。


2017070506.jpg 


収穫。


2017070507.jpg 


洗浄。
真っ白でキレイです。


生のまま味噌をつけて齧るのが
ビールのツマミには最高との事ですが
 からんとにはちょっと辛くて匂いも強かったので。


2017070508.jpg 


天ぷら。

甘くはなるけど、ノビルらしさが減少。


2017070509.jpg 


ホイル焼きにしてジンギスカンと一緒に。


2017070510.jpg 


半生焼けくらいが
甘さと辛みが絶妙で
 肉の薬味としてすごく美味。


河原でバーベキューする際に
 そこら辺に生えているノビルでやると楽しそう。


2017070511.jpg 


葉も根も一緒にさっと茹でて、ぬた。


甘酢味噌に和芥子を加えると
ノビルの辛みと香味が引き立ちます。



ふむ、ノビルもなかなか美味しいですな。


2017070512.jpg 


アミガサタケ。


2017070513.jpg 


今年は不作。悲しい。


2017070514.jpg 


からんと家のたらこパスタには
 必ずモリーユが入ります。


普段は乾燥モリーユですが
 春のこの時期だけは採れたてのモリーユ入り。


2017070515.jpg 


バターソテーにしてチーズと一緒にバケットで。


2017070516.jpg 


クリームソースにしてオムレツと。


うまうま。


2017070517.jpg 


ワラビ。


採り時が連休や週末を避けてくれたので
 採り頃がたっぷり収穫できました。


2017070518.jpg 


灰汁を抜いた原っぱのワラビ。


2017070519.jpg 


灰汁を抜いた林の中のワラビ。


2017070520.jpg 


おひたし。


2017070521.jpg 


煮びたし。


2017070522.jpg 


たたきにして納豆と一緒にネバネバ丼。



たくさん採っちゃったけど
去年作ったのがまだあるから
 塩漬けワラビは増やしたくない・・・。


ので。


2017070523.jpg 


昆布締めにしてから小分けで冷凍保存してみました。


溶かせばそのままでも食べられるし
 料理にも使えます。


使った昆布は刻んでワラビと一緒に食べても良いけれど

別段ワラビの味が染みついている訳でもないので
 コトコト煮込んで佃煮に。

シイタケ入れたり、山椒の実を加えたり。
良いお茶請け。



なんだかんだで
今年もたくさん色々
 美味しく頂きました。


 ごちそうさまでした。
 
 
 

スポンサーサイト

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time

grems tree