- welcome -

カボチャのニョッキ


2017041001.jpg 


ついこの前までこんなだったのに
急に温かくなって
 新芽がポコポコ出てきました。


でも天気予報だと明日もまた雪だそうな。


いつになったら冬のブーツとコートが洗えるんだろう・・・。


そしてまだ冷蔵庫の「冬」の整理も終わらない!


今回はミニカボチャを発掘。


2017041002.jpg 


・・・コレ、冬どころか
 ハロウィン前にもらったやつ・・・。


頂いた時は採れたてで
熟成がまだまだで青臭く
もうちょっと熟れたらと置いておいて
そのままウッカリスッカリ☆


だ、大丈夫かな?


2017041003.jpg 


あ、大丈夫そう。
むしろ良く熟成されていて美味しそう!



カボチャをこのまま種とワタを取り除き
 ヘタと皮の硬い部分も削り取って乱切りに。


耐熱ボウルに入れて
ラップをふわりとかけて
 電子レンジで加熱。


皮まで柔らかくなったらラップを外し
 そのまま再び電子レンジでちょっと加熱。


2017041004.jpg 


水分を飛ばしてほっくりさせます。


2017041005.jpg 


ある程度水分が飛んだら計量。

粗熱が取れたら
カボチャの重さの約1/3の強力粉と一緒に
 フードプロセッサーでガリガリー。


粉の量は調整しつつ
多めの打ち粉があればなんとかまとまる
 ってくらいのやわやわな生地がオススメの柔らかさ。


2017041006.jpg 


また板の上に取り出し
 棒状にして1口大にカット。

フォークの背を使って軽く潰して線を入れて。



あとは生パスタを茹でる要領で。


2017041007.jpg 


大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし
沸騰したら多めの塩を加え
 再沸騰してから成型したニョッキを投入。


優しくかき混ぜつつ
ニョッキが浮いてきたら
それから2分、お湯の中で躍らせて。


時間になったら湯から出してお好みで味付けを。


2017041008.jpg 


今回、からんとはクラムチャウダーに放り込みました。


口に入れるとフワっとしているのに
 噛むとモチモチ。


カボチャの甘みが良く出ているのです。
んまんま。



古くは小麦粉と水のみで作っていたそうですが
 最近ではバリエーションも豊富。


ジャガイモ、カボチャはもちろん
サツマイモ、サトイモなどのホクホク系野菜から

ホウレンソウやニンジンのピューレで小麦粉を練った物や
小麦粉、余ったパン、牛乳で練る家庭的な物や
小麦粉をリコッタチーズで練るちょっと贅沢な物まで
 色々あるそうな。



パンのニョッキ、楽しそう。
今度作ってみるとしましょう♪
 
 
 
スポンサーサイト

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time

grems tree