- welcome -

カボチャのニョッキ


2017041001.jpg 


ついこの前までこんなだったのに
急に温かくなって
 新芽がポコポコ出てきました。


でも天気予報だと明日もまた雪だそうな。


いつになったら冬のブーツとコートが洗えるんだろう・・・。


そしてまだ冷蔵庫の「冬」の整理も終わらない!


今回はミニカボチャを発掘。


2017041002.jpg 


・・・コレ、冬どころか
 ハロウィン前にもらったやつ・・・。


頂いた時は採れたてで
熟成がまだまだで青臭く
もうちょっと熟れたらと置いておいて
そのままウッカリスッカリ☆


だ、大丈夫かな?


2017041003.jpg 


あ、大丈夫そう。
むしろ良く熟成されていて美味しそう!



カボチャをこのまま種とワタを取り除き
 ヘタと皮の硬い部分も削り取って乱切りに。


耐熱ボウルに入れて
ラップをふわりとかけて
 電子レンジで加熱。


皮まで柔らかくなったらラップを外し
 そのまま再び電子レンジでちょっと加熱。


2017041004.jpg 


水分を飛ばしてほっくりさせます。


2017041005.jpg 


ある程度水分が飛んだら計量。

粗熱が取れたら
カボチャの重さの約1/3の強力粉と一緒に
 フードプロセッサーでガリガリー。


粉の量は調整しつつ
多めの打ち粉があればなんとかまとまる
 ってくらいのやわやわな生地がオススメの柔らかさ。


2017041006.jpg 


また板の上に取り出し
 棒状にして1口大にカット。

フォークの背を使って軽く潰して線を入れて。



あとは生パスタを茹でる要領で。


2017041007.jpg 


大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし
沸騰したら多めの塩を加え
 再沸騰してから成型したニョッキを投入。


優しくかき混ぜつつ
ニョッキが浮いてきたら
それから2分、お湯の中で躍らせて。


時間になったら湯から出してお好みで味付けを。


2017041008.jpg 


今回、からんとはクラムチャウダーに放り込みました。


口に入れるとフワっとしているのに
 噛むとモチモチ。


カボチャの甘みが良く出ているのです。
んまんま。



古くは小麦粉と水のみで作っていたそうですが
 最近ではバリエーションも豊富。


ジャガイモ、カボチャはもちろん
サツマイモ、サトイモなどのホクホク系野菜から

ホウレンソウやニンジンのピューレで小麦粉を練った物や
小麦粉、余ったパン、牛乳で練る家庭的な物や
小麦粉をリコッタチーズで練るちょっと贅沢な物まで
 色々あるそうな。



パンのニョッキ、楽しそう。
今度作ってみるとしましょう♪
 
 
 
スポンサーサイト

フィンランド系アメリカンなクリスマスハム


お久しぶりにございます。


健康です。

別に多忙でもありません。
ただひたすらに気力がありませんでした。

長い間トップページが毛虫で申し訳ございませんでした。



いまいち腑抜けた寒さの冬に
 冬眠しきれない熊の気分です。


眠いけど熟睡できなくて
お腹空かないのに何か食べたくて
 退屈だけど何もしたくない。


どうしたもんか、これ。



さて、本日はクリスマスディナーの一品のご提案。


今日から準備すればぎりぎり間に合います。


2015122201.jpg 


まずは豚バラブロックを紐で縛って成型。


肉の重さの2%程度の美味しい天然塩を良くすり込みます。


ラップでぐるぐる巻きにするか
保存用ビニール袋に入れて、空気に触れないようにして
 冷蔵庫で2日か3日熟成。


出てくる水分は拭き取るなどして毎日処分してください。


2015122202.jpg 


食べる当日。

塩漬けが済んだお肉に
 ホールのクローブをグサグサ。


耐熱の器に入れ、パイナップル缶の汁をかけます。


パイナップル缶が甘さ控えめタイプの場合は
 三温糖を加えて甘みを調節。


110℃のオーブンでじっくり熱を通していきます。


2015122203.jpg 


途中何度かお肉にパイナップル汁をかけてあげてください。


焼き時間の目安は、肉600gで約90分です。


2015122204.jpg 


仕上げに160℃のオーブンで10分ほど焼き色を付けます。
この際は是非パイナップルの果肉も一緒に。


2015122205.jpg 


粗熱が取れたらクローブを抜き、スライスして完成。


2015122206.jpg 


少々塩辛いかもしれませんが
パイナップルと一緒に食べたり
 薄味の温野菜と一緒に食べると美味しいのす。


余ったハムは刻んで料理に加えれば
即席パンチェッタっぽくてこれもまた美味。



チキンやターキーは感謝祭で食べ飽きるので
 クリスマスはハムって家庭も多いのですよ。


イブにチキンで、クリスマスはハム。
もしくはその逆、とか。


からんとはステーキも好きですけれども!
 
 
 

中華サンド


2015060601.jpg 


晴れた日は
 初夏らしい色をする今日この頃ですけれども。



曇りだったり、雨だったりの
 お日様の出ない日は寒いです。


6月にまさかのホットカーペット復活。


だって最低気温が5℃くらいなんだもん・・・。



さっき夜のお散歩に行ったとき
 外の温度計は10℃でした。


今晩はホカペはなくても大丈夫。



さて、寒いと中華まんが食べたくなったりするのです。


買いに行けばいい、のですが
 最寄りのコンビニまで車で20分以上。

スーパーはそれ以上。

そもそもこの時期に中華まん売ってる?


そしてからんとはペーパードライバーだ!


めんどくさい。

色々めんどくさい。

でも本格的に手作るのもっとめんどくさい。


そんなときの荒業。


2015060602.jpg 


中華まんの、皮だけ作ります。


薄力粉と牛乳で作るちょっと甘めのイースト蒸しパン。



具は、クックドゥさんや李錦記さんでちゃちゃっと。


2015060603.jpg 


鶏肉とパプリカの
青椒肉絲風

ナスとエノキの麻婆。
豚肉の中華風味噌漬け。


2015060604.jpg 


蒸しパンを横に割って
溢れんばかりに具を挟んで
 ムシャムシャします。



山奥暮らしで2番目くらいに手っ取り早い中華まんモドキです。


1番は冷凍中華まんの常備。


でも作った方が美味しいのです。



常日頃から、怠け者と食いしん坊のジレンマです。
 
 
 

エッグスラット



LAのセレブの間で大人気っ☆彡


とかゆーテレビに踊らされてみました。


2015032201.jpg 


耐熱容器にマッシュポテトをつめつめ。


塩、コショウ、ナツメグを少々降りかけて。


2015032202.jpg 


タマゴを割り入れて
 蒸し器で10分~15分蒸すだけ。


2015032203.jpg 


表面は真っ白になりますが
 黄身は半熟なのでご心配なく。


今回は
 タラコ×カラシ×マヨネーズのソースを添えて。


2015032204.jpg 


全体を軽く混ぜて
 カリッと焼いたパンに乗せて頂きます。



簡単、美味しい、オシャレと
三拍子揃っていますが
 名前が嫌いです。


eggslut”と表記するのですが
slut”って
ビッチよりも口汚く淫猥な意味合いを込めて
 女性を罵る時に使うスラングなんですよね。


そのスラングの前に“egg”がくっ付いてると
 それもおのずと18禁スラングっぽく聞こえるわけで。


2015032205.jpg 


18禁なエッグのスラングってーと、コレ↑とかなわけで。



おいしい物に付ける名前じゃない。
(-`ω-)


余計な知識がオシャレブランチをぶち壊す一例でした。

美味しいんですけどね。


嬉々として連呼するのとかどうかと思うですよ。
(_)

 
 

蛋餅(ダンピン)


台湾では一般的な朝食との事。


たまに食べたくなる味で
 一人ぼっちで昼食の時に作ったりします。


2015031501.jpg 


中力粉100gと片栗粉5gに塩をひとつまみ。


水100ccでよく溶いたら
ごま油を薄く引いたフライパンで両面をよく焼きます。


焼けたら別皿に移しておいて。


2015031502.jpg 


出来るだけ細かく刻んだタマネギをレンジで軽く加熱。


シイタケとハムも細かく刻み
タマゴ2個に加え混ぜて
 フライパンに流し。


2015031503.jpg 


すかさず、先ほど焼いておいた皮を
タマゴにかぶせるように乗せ
 火が通るまで弱火でしばらく待ちます。


2015031504.jpg 


火が通り、皮とタマゴがくっついたら
 ひっくり返してチーズを少々。


2015031508.jpg 


チーズが溶けてきたら三つ折りにして、完成。


2015031505.jpg 


切るとこんな感じ。


2015031506.jpg 


牡蠣油、醤油、ハチミツ、各小さじ1
黒酢を小さじ2
 お好みでごま油やラー油を加えたタレを付けて食べます。



王道では、具は大量の刻みネギのみ。
そこにオプションで色々と加えてゆくらしい・・・です?


色々試して、からんとは
 ネギの代わりにタマネギで、チーズ入りが好きです。


今回のシイタケも美味。ハムは邪魔だったかも。



お腹ポンポンになるのに
 ついつい完食してしまいます。




2015031507.jpg 

ムキュ。

 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time

grems tree