fc2ブログ

- welcome -

おいしいシイタケ「にく丸くん」2023



 今年も頂きました。


2023120901.jpg


浅香椎茸園さまのおいしいシイタケ『にく丸くん』!

ありがとうございます!!


いや、もう、ほんと、おいしすぎて、

 母が地元のシイタケを買ってくれなくなりました・・・。

高級品なんだよママン!

普段は普通ので我慢しておくれよ、ママン!



さて、気を取り直して。

作った順に~♪


2023120902.jpg


『にく丸くん』ホットサンド。


ハム、チーズ、刻んだキャベツ、
 スライスしたシイタケさんたっぷり。


2023120903.jpg


『にく丸くん』とカボチャのバター焼き・チーズ乗せ。


シイタケさんの香りで
 普通のピザ用チーズが高級チーズみたいな風味になるのです。

んまぁ、独特の香りが苦手な方には
 苦手を強調しちゃう食べ方かもしれませんが・・・。


2023120904.jpg


焼き『にく丸くん』。


じっくり焼いたシイタケさんに、昆布と鰹のだし醤油。

おいしくないわけがない。


2023120905.jpg


『にく丸くん』たっぷりの和風ペペロンチーノパスタ。


どんな主食系と合わせても美味しいよ、シイタケさん!


2023120906.jpg
2023120907.jpg


『にく丸くん』の丸ごとパイ。


パイ生地に、大きいシイタケさんを丸ごと
 刻んだタマネギとハム、チーズ。

味付けは塩コショウ。

シイタケさんの美味しさを閉じ込めちゃいましたね。

かぶりついた瞬間叫びました。
うんまっ。


2023120908.jpg


『にく丸くん』とギンナンの炊き込みご飯。


秋の美味しい詰め合わせ。


2023120909.jpg


最後は水炊きに入れました。


2023120910.jpg


シイタケさんの軸は
細く裂いて乾煎りして塩で味付けして
 さきいか風。


炒ったギンナンと一緒におつまみに。


お米と合わせて美味しいものは、お酒と合わせても美味しい。




以上、今年もとても美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。
(≧▽≦)
 
 
 
スポンサーサイト



桃の節句、春の三色



2日前の事ですけれども。



ひな祭に可愛いものが食べたい。

と、思う心がまだ残っているので
からんとはおとめです。

「フキノトウの天ぷらには塩とぽん酒」とかも言うけど

からんとはおとめです。


さあて。



まずは、桜・白・蓬。


2023030501.jpg


上新粉と砂糖と白玉粉を水で溶いて

三等分にして
昨年の初夏に摘んで冷凍しておいたヨモギを加えて
10分ほど蒸して、


2023030502.jpg


次は何も入れない白の液体。

10分蒸して、


2023030503.jpg


次は桜の塩漬けと食紅を加えた液体。

10分蒸して。


2023030504.jpg


型から外してひと晩しっかり乾かしてから

ひし形にカット。


2023030505.jpg


甘さ控えめひとくち菱餅。



次に、梅・柚子・山椒。


2023030506.jpg


乾燥百合根を水で戻して、


2023030507.jpg


蒸した百合根を潰し、白玉粉を加え、三等分にして、


2023030508.jpg


夏に作った梅干し入り、ピンク。

冬に刻んで乾燥させておいた柚子皮入り、黄色。
春に摘んで冷凍しておいた山椒の芽入り、緑色。


2023030509.jpg


よく茹でて、


2023030510.jpg


美味しいお出汁にコロコロ。


2023030511.jpg


三色百合根団子入りのお吸い物

と、山菜稲荷。



最後に、白あん・塩あん・いちご。


2023030512.jpg


地元の和菓子屋さんの

予約しないとなかなか買えない
いちご大福。

甘い豆が苦手なからんとが

好んで食べる数少ない和菓子の1つです。



食べてばかりですなぁ。


いやしかし
毎日3食おいしく食べられるのは幸福ですな。

不健康だと食べたくても食べられないし。
お金がないと食材買うのもままならないし。
食べられてもメシマズだと幸せにはなれないし。

「3」を整えるのは結構重要。

だから3月3日は幸福を祈願する大事な日。



次回更新は明日、啓蟄。

の、予定!
 
 
 

イチジクの甘露煮




2023011601.jpg


 これは昨年10月に買った加工用のイチジク。


2023011602.jpg


ヘタを切り落とし、たっぷりのお湯で1度茹でこぼして、


2023011603.jpg


三温糖をまぶし、極弱火でじっくり火を入れて、


2023011604.jpg


イチジクから出てきた水分だけで煮含めます。


2023011605.jpg


実がシワシワに、汁にとろみと照りが出てきたら頃合い。


2023011606.jpg


イチジクの甘露煮。


2023011607.jpg


を、冷凍しておいたのを解凍したのと

頂き物の栗鹿ノ子。

 小正月おやつ。

(*´ω*)
 
 
 

おいしいシイタケ「にく丸くん」2022



24日は納豆ご飯。

25日はムラサキイガイのニンニク焼き。
ケーキは誰かの為に作るもの。
失敗したシュトレンがおやつです。

そんなキラキラしないクリスマスですが
 友人からの素敵なプレゼントに囲まれてホクホクです。

今年もからんとの我が儘にお付き合いいただき
 誠にありがとうございました!




さて、それはそれとして。


2022122601.jpg


今年も頂いておりました
 浅香椎茸園様の高級生椎茸『にく丸くん』!!


いつもありがとうございます。


ですが今年はちょっと雑な生活をしておりまして
 なんにでも入れて食べちゃってまして。

そこに加えてカメラの故障で結構データが飛んじゃってて・・・。
映える写真が、あまりない・・・。


2022122602.jpg


焼きシイタケ、焼き赤魚、銀杏ご飯の和食ワンプレート。


2022122603.jpg
2022122604.jpg


シイタケとほうれん草のドリア。

写真だと全然分からないけど古代米入りご飯です。


2022122605.jpg


野菜がモリモリ食べたかった日のシイタケのファルシ。

アボカドの下はツナマヨ。
カリフラワーは甘酢和え。


2022122606.jpg


にくまるくんの炊き込みご飯。

炊き立てほかほか。
 無限におかわりできました。


2022122607.jpg


ネギ塩牛タン風しいたけ。


ネットでレシピを探していたら
 今年はやたらとこのメニューが目立ったので作ってみました。


居酒屋料理系。

ご飯よりビール。


2022122608.jpg


シイタケのアーリオ・オーリオ。


ガーリックをたっぷり効かせても
 シイタケの旨味が負けない濃厚さ。



んまんま。

今年もとっても美味しくいただきました!
ごちそうさまでした!



次回更新はたぶん29
日。
 
 
 

枝豆×パン


-
近状報告-


2021091101.jpg


始めて見る可愛らしい花を調べたら

「ヘクソカズラ」という可愛くない名前で
ちょっとしょんぼり。

根は下痢、実は肌荒れに効くらしいですぞ。



さて。


2021091102.jpg


枝豆が豊作です。


ちょうど食べ頃にドタバタしていたので

「枝豆」より、ちょっと「青大豆」?
うん、まだ「枝豆」として許容範囲。

茹でてそのままムシャムシャしているのですけれども

なかなか減りません。

なんとかこうにか加工して
 3食
+オヤツで消費に勤しんでおります。


今回はパンと合わせるべく、ペースト系にしてみました。


2021091103.jpg


枝豆
×クリームチーズ×ガーリック

厚手のビニール袋に枝豆を入れて綿棒で荒く潰し

クリームチーズとすりおろしニンニクと混ぜ合わせ
 塩コショウで味を調えて。


2021091104.jpg


パンにぬりぬり。

 ふむふむ、なかなか。

ガーリックを控えれば朝食にも良さそう。


クラッカーに乗せるとお酒にも合います。
 合いました。
(@ω@)


2021091105.jpg


枝豆
×シーチキン×マヨネーズ

ツナマヨと、刻んだ枝豆を、合わせただけ。


2021091106.jpg


パンにのせのせ。


味は、まあ、想像通りです。

ものすごく食べごたえが増えます。

マヨネーズの代わりに
ヨーグルトとレモン汁などでよりヘルシーにすれば

良いヘルシーメニューになりそうです。

少量の炭水化物に
 良質な植物性&動物性のタンパク質たっぷり。

ビタミンCも摂れて、お腹もいっぱい!


こんな感じで
 しばらくは枝豆の日々でございます。

 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

twitter → @yamatanupon

calend archive

search

what's new

category

月 (6)