- welcome -

2016年のギンナン仕事


2016111701.jpg 


実のなる雌のイチョウの木はたくさんあるのです。


2016111702.jpg 


その中でも、一番大きな実をつける木は
 実もふくふくで種も大粒。


その分、敵も多く。

去年は隣県ナンバーの軽トラに
大きな背負いカゴ山盛り3杯分を持って行かれ
からんとは一番大きな実をほとんど拾えなかったという
 辛酸と苦渋と煮え湯のちゃんぽんを頂きました。


なので。


2016111703.jpg 


今年は毎日コツコツちょっとずつ拾って。


2016111704.jpg 


大きい実だけ貯め込んだ。
( ̄▽ ̄)


朝から夕方までかけて実と種を分けて洗って
 翌日の午前中にお日様に当てて乾かして。


2016111705.jpg 


洗う時に浮いてしまう空の種もほとんどなく
 種もキレイで立派です。

吟味しつつ拾いましたからな!


2016111706.jpg 


7.5キロの収穫。


業者かな?(笑)
少々強欲が過ぎましたな。



あちこちにお裾分けします。

いつも良くして頂くご近所さんとか
 お酒好きの友人とか。


毎年、それなりに期待されているらしいので
 ギンナン拾いもやめるにやめられないのです。
(^^;)



さて。


2016111707.jpg 


殻を割って薄皮も剥いた生のギンナンは、白っぽい緑色。


これを弱火でゆっくりコロコロ火を通すと。


2016111708.jpg 


見事な翡翠色になるのです。

この変わりゆく様を眺めるのが大好きなのです。


2016111709.jpg 


去年作った果実酒の味見をしようか。
気に入りの地酒を開けようか。


悩み所ですなぁ。
 
 
 
スポンサーサイト

道草もぐもぐ -2016失敗談-


毒草を食べて病院に運ばれた経験はまだありませんが
あまり美味しくない物を口にする機会は
好奇心が旺盛である以上
 そこそこにあるのです。


2016072301.jpg 


例えばこの、魔が差して摘んでしまったフジの花。


タンポポジャムが美味しいのなら
 他のお花だって美味しいかもと思ったのです。


2016072302.jpg 


花だけにして、砂糖とレモン汁で煮詰めたけれど
 味見したら花が硬くて口当りが悪い・・・。


1度濾して
エキスだけをさらに煮込んだら
 あら不思議。


2016072303.jpg 


どこか懐かしい麦芽糖のような
でもレモン味でちょっと酸っぱい
 水飴のような物体になりました。

あれー?



今年はサンショさんにも大変お世話になりまして。


2016072304.jpg 


タケノコご飯の彩りをはじめ。


2016072305.jpg 


サンショの新芽をすり潰し
白味噌で甘味噌を作って
 2つを混ぜて木の芽味噌に。


2016072306.jpg 


田楽とか、


2016072307.jpg 


木の芽味噌味の焼きだまこ餅とか!


2016072308.jpg 


新芽がとても美味しかったので
女の子の木を探して、青い実を少々頂いて。


2016072309.jpg 


塩茹でにして
小1時間水に浸けて灰汁を出し
良く水を切って
 冷凍。


したのに!


冷蔵庫が壊れてダメにしてしまいました・・・。


せっかく大切な実を分けてもらったのに。


山椒の木さんには大変申し訳の無い事を・・・(涙)


2016072310.jpg 


ギボウシも美味しくて。


野菜売り場だとウルイとかコーレって書いてありますね。


家の周りだと雑草扱いです。


山から採ってくると「なぜ庭の雑草を抜かない?」って怒られます。


だって家のはあんまり美味しそうに成長してないんだもん。


2016072311.jpg 


根っこと葉っぱは苦くて堅いので
それ以外の部分をサッと茹でて
 酢味噌和えや甘辛炒めに。


2016072312.jpg 


葉っぱの柔らかいのは玉子とじでも美味しいのです。


2016072313.jpg 


旬が同じだったのでホタルイカも一緒に酢味噌和え。
んー、生臭い。


2016072314.jpg 


んで、いつもはコバギボウシを採取するだけなのですが
 今年はオオバギボウシを少々頂いて。


2016072315.jpg 


茎を茹でてから、


2016072316.jpg 


天日干しに。


2016072317.jpg 


山かんぴょうを作ってみました。


2016072318.jpg 


さっそく水で戻して
ワラビの昆布締めで使った後冷凍しておいた昆布と
 一緒に煮てみました。


んー・・・結構、苦味が残っていて
 乾物特有の日向臭さも強くて・・・。
んー。


食糧難に陥った際にはお世話になろうと思います。



あとはウワミズザクラ。


2016072319.jpg 


冬に購入した山菜図鑑に
「ウワミズザクラの青い実の塩漬けは珍味」
とあったので
青い実を見つけ出し
 採取。


2016072320.jpg 


・・・この軸、食べられそうにないくらい硬いのですが?


不審に思いネットで確認検索。


「新潟・山形などで主に食べられているのは、ウワミズザクラの蕾です」
と、グーグル先生はおっしゃいました。



紙媒体で出版までした分際で!
図鑑の嘘つき!!
蕾の事なんて一言も書いて無かったじゃん!!!
(ノД`)・゜・。


2016072321.jpg 


それでもいくつかのサイトには「青い実も食べる」とあったので
 一応、塩漬けにはしてみた。


2016072322.jpg 


・・・・・・。


・・・つぼみ。来年こそは、つぼみを摘もう・・・!


2016072323.jpg 


悔しさ治まらず
 実が少し黄色くなった頃に集めて果実酒を作成。


写真左のビンは一昨年?だったか
 良く熟れた実を漬けたものです。


果実酒についても意見は様々で
熟れていた方が美味しいとか
 赤いのは渋みが強いから琥珀色の酒の方が旨いとか。


さて、どうなることやら。



数々の失敗も経験値です。

ブログネタにもなるのです。
( ̄▽ ̄)

 

 

道草もぐもぐ -2016春の思い出-


タンポポ以外にも
からんとはこの春も元気に
 文字通り道草を食べ歩いておりました。


2016060701.jpg 


ヨモギは、


2016060702.jpg 


ヨモギ味のシフォンケーキにしてみました。

なかなかに好評。

王道に草餅も作りたくて
新芽の茹でたのを冷凍庫にストックしているのですけれども
 なかなか作るタイミングが得られませぬ。


2016060703.jpg 


ツクシは、ピクルスに。


2016060704.jpg 


フキノトウの成れの果て。


根本から摘み
 花はちぎって同じ場所に置いといて。


2016060705.jpg 


葉を根元に向かって引っ張って取り除き
 適当な長さに切って塩を加えたお湯でサッと煮。


2016060706.jpg 


筋取り不要、灰汁抜き不要
 煮込み時間もとても短いフキに大変身。


普通のフキより処理も調理も簡単で
黙って出せば「伸びたフキノトウの軸だ」と
 気付く人などまずいません。


柔らかくて苦味の少ない、美味しいフキです。


2016060707.jpg 


タラの芽。


2016060708.jpg 


今年はライバルに先を越されず
 大きいのがたくさん採れました。


2016060709.jpg 


天ぷらウマウマ。


2016060710.jpg 


コゴミ。


園芸店の卸売価格で1株800円の値札を見てからというもの
 山で小さい株を見つけては誘拐して庭に植え直しています。


見つけると全部ちぎって持ってっちゃう人がいるんですよね。


細い株は採らない!
大きい株でも1株に最低3本は葉は残す!


山菜講座とか参加してるクセに
そういう注意事項だけは馬耳念仏なんですよねぇ。
<(^´)>


2016060711.jpg 


ワラビ。


近年、「バスツアーなの!?」って数の人々が
道沿いのワラビ採りスポットを占拠するようになってしまい
しかも!
「どこで採ったの? あなたが採ったの頂戴?」
とか
「標高が高いと8月までワラビ採れて良いですね!」
とか
 嬉しそうに話しかけてくる・・・。


他人の収穫物「タダでよこせ」って言えるメンタルとか・・・。

8月のワラビだって・・・。
確かに食べられそうな見た目のは出るけれども。


筋っぽくてそんなに美味しくないし
 根が弱るからそういう節操の無い採り方はやめてほしいなぁ。


あの場所もあと数年でワラビ全滅かなぁ。


採取は5月の頭くらいまで!
後々まで食べたきゃ春に頑張ってたくさん採って
乾燥なり塩漬けなり
 保存用加工して頂きたい。


塩ワラビで作る煮物、佃煮、炊き込みご飯は
 生ワラビより美味しいですぞ。


2016060712.jpg 


昆布締めと、


2016060713.jpg 


おひたしは、生ワラビでないとイマイチですけれどもね。

左がワラビで、右がコゴミ。


2016060714.jpg 


イタドリもライバルが増えつつあるのですよ。
好きモノが多いですなぁ。


冷やし中華には
 イタドリの炒め煮が欠かせませぬけれども。


2016060715.jpg 


あと、図鑑のおかげで判別がつくようになったので
 今年初めて食べました、ウコギ。


2016060716.jpg 


まだ開いていない新芽を摘んで
湯がいて刻んで
 ほかほかご飯に混ぜて。


お好みで、塩、しょうゆ、めんつゆなどで味を調えて。


2016060717.jpg 


ウコギご飯。


良い香りです。
ほのかな苦みも食が進みますなぁ♪



年々、山菜採りのライバルが増えちゃって
 ちょっと採りにくいような時も場所も増えつつありますけれども。


山菜採りは正しい時期に適切かつ適量に!
自然への感謝と思い遣りを忘れずに!!


そう心掛けていれば
来年もまた
 お山は恵みを分けてくれるのです。
 
 
 

春の道草サラダ


2016041301.jpg 


タンポポ。


の、新芽が美味しい
 と、山菜図鑑に書いてあったのです。


2016041302.jpg 


という訳で、新芽。


2016041303.jpg 


花の咲く前の蕾があるのが食べ頃だとか。


2016041304.jpg 


キレイに洗って冷たい水に浸けたまま
冷蔵庫で1時間ほど冷やし
 苦味を抜きつつシャキッとさせて。


2016041305.jpg 


ついでにツクシも収穫。


2016041306.jpg 


ハカマを取って。

軽く茹でてから
緑色の胞子が出なくなるまで水でさらし。


2016041307.jpg 


水をよく絞ってからピクルス液に1時間ほど浸します。


ちょっと和風に、だしとお醤油入り。



あとは普通のサラダにタンポポを混ぜて
ツクシのピクルスを添えて
 お好みのドレッシングをかけて。


2016041308.jpg 


春の道草サラダ。



タンポポなんて、絶対苦い。


小学校の自然学習で
タンポポの花の天ぷらを作って食べたけど
 すごい苦かったもん。


と、思いつつも食べてみると、あら美味しい。


確かにちょっとは苦いけれど
フキノトウよりも苦くありませんでしたし
市販のベビーリーフに入っている
名前も分からない苦かったり辛かったりする謎の草より
 美味しかったのです。


びっくりです。



ツクシのピクルスは以前も作って好評でした。


タマネギのスライスと一緒に
 サンドイッチにしても美味なのです。


ピンク色がなんとも春らしく
 この季節の彩りとしても適しています。



タンポポはカリウムをはじめとしたミネラル豊富で
 むくみや高血圧予防などに良い薬草。


ツクシはビタミンC、E、カロテンなど
 お肌に良い栄養がとても豊富。


どちらも大量に食べ過ぎるとお腹を壊しますけどね。



道草、味も栄養もあなどれませぬ。


2016041309.jpg 


ついでにヤマウドの新芽も収穫。


2016041310.jpg 


ご近所さんからはタケノコを頂きました。



旬の味覚は
季節の移ろいを文字通り味わえるので
 ワクワクするのです。
(´▽`*)
 
 
 

ワラビ色々


まだ採れなくはないけれど
 そろそろ、微妙に筋っぽい。


ま、今年もそれなりに採ったから
 おしまいにするとしましょう。


2015052001.jpg 


この春も美味しく頂きましたよ、ワラビさん。


2015052002.jpg 


何はともあれ、灰汁抜きして。


おひたし、煮物と、王道は一通り食べてから。


2015052003.jpg 


刻みに刻んで、味噌と顆粒ダシで味付けて。
更にたたいて、たたいて。


2015052004.jpg 


ワラビのたたき。


2015052005.jpg 


ほかほかご飯に乗っけて。

ネバヌルうまうま♪


2015052006.jpg 


お味噌汁の具に。


よく聞いてはいたけれど、食べるのは初めてでした。


良いお味が出るものですねぇ。


2015052007.jpg 


今年は昆布締めも作ってみました。


んー、あんまり好きな味じゃない・・・。


ですが、からんとよりも大人な方々には大好評でした。


レベルの高い大人のお味?


2015052008.jpg 


後のワラビは塩漬けにして
 ちまちま大事に消費して、っと。



結局ペペロンチーノは出来なかったので
いつかこの塩ワラビで作ってやりますよ!


一人でお留守番の時のランチとかで。
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time

grems tree