fc2ブログ

- welcome -

黒い林檎に蝋梅を添えて



薄切りにしたリンゴを煮た時の
透き通った淡い黄色が
 ロウバイの花びらに似ている気がして。


ロウバイの花、実物を見たことはないのですけれども。


思い立ってしまったので!



2022020801.jpg

 
リンゴを薄切りに。


2022020802.jpg


砂糖で煮てから花型で型抜き。


2022020803.jpg


1枚ずつ寒天液にくぐらせ、丸い製氷器へ。

リンゴは2枚ずつ。真ん中に金平糖。

冷蔵庫で冷やしておきます。


2022020804.jpg


刻んだリンゴに、型抜きの切れ端煮リンゴも刻んで加え

水、砂糖、カルヴァドスを加えて再度よく煮て
 柔らかくなったらマッシャーで潰してさらに細かく。


滑らかさを求めるならミキサーでペーストに。


ちょっと冷ましておきます。


2022020805.jpg


湯煎でしっかり溶かしたビターチョコレートに無塩バターを少々。

チョコの余熱で溶かし混ぜます。


2022020806.jpg


煮リンゴを加え、まぜまぜ。


2022020807.jpg


溶き卵を加え、まぜまぜ。


2022020808.jpg


型に入れ、湯煎で焼成。


2022020809.jpg


そのまましっかり冷ましてから、型から抜いて、


2022020810.jpg


ガナッシュで全体をコーティング。

土台はこれで完成です。

La Pomme Noir

「黒い林檎」と名付けられたフランス菓子です。


あとは、お花を飾って、粉砂糖の雪もちょっと降らせてー。


2022020811.jpg


黒い林檎に蝋梅を添えて。


見え始めた土ばかりの地面を背景に
咲きだした薄黄色の花々と
 それらをまた覆う新しい雪。


などを、お菓子で表現してみました!


2022020812.jpg


味も大事。


ビターチョコの苦味とリンゴの爽やかな酸味が合わさって

濃厚だけど、甘過ぎない
 リンツのダークチョコが好きな人には刺さる甘さ加減。


合わせたい飲み物は

 コーヒーよりもブランデー。
 ミルクよりも甘いリキュール。

そんな大人向けのビターチョコケーキ。


2022020813.jpg


我ながら、可愛くできたんじゃないかな!?



でもこれはバレンタイン用ではないのです。

さて、バレンタイン用が決まらない。
どうしよう。
(-ω-)
 
 
 

ピーチメルバ


桃の季節、でした。


2021090901.jpg


これは
8月中旬の桃。

加工用なので少々見た目に難有り。


2021090902.jpg


軽く洗って、皮付きのまま半分にして、種をくりぬきます。


2021090903.jpg


皮を剥いた実は水、砂糖、レモン汁で作ったたっぷりのシロップの中へ。


2021090904.jpg


空気に触れないように厚手のクッキングシートなどで覆い
 80℃前後を小1時間キープ。


2021090905.jpg


剥いた皮は別の小鍋へ。

シロップを少々加え10分ほど煮て色をもらいます。
汁を濾して大鍋へ戻します。

1晩しっかり冷やしたら完成。


2021090906.jpg


桃のコンポート。


完成した時点でドタバタが発生したので
 冷凍庫の中で待機となりました。



今日は午後から突然暑かったので

解凍したコンポートに
 バニラアイスとラズベリーソースを添えて。


2021090907.jpg


ピーチメルバ。



さて、残りのコンポートで何を作りましょうかねー?
 
 
 

フサスグリのパブロヴァ


 
2021072101.jpg


フサスグリを頂きました。

ありがとうございます。

さてしかし。

ジャムにするには物足りない量。
さりとて、飾りに使うには少々多め。

メインとしてこのまま食べますか。




ここで突然、メレンゲの話。


メレンゲ。

卵白に砂糖を加えて泡立てたものですな。

少しずつ砂糖を加えながら卵白を泡立てていくのが
 ごく一般的なメレンゲの作り方。



砂糖を煮溶かした熱々のシロップを
少量ずつ加えながら卵白を泡立てると
 イタリアン・メレンゲと呼ばれます。

たまごの臭みが飛び
ある程度熱が加わって衛生面でも安全度が増すので
ムースやシャーベット等
火を通さないお菓子にメレンゲを加える場合は
 こちらのメレンゲが活躍します。



卵白に大量の砂糖を一度に加え
湯煎しながら泡立てたものを
 スイス・メレンゲと呼びます。


とてもきめ細かい泡立ちとなり
時間をおいても分離しずらいので
 メレンゲがメインとなるお菓子にはこちらを使います。


2021072102.jpg


以上を踏まえて、これはスイス・メレンゲ。


塩、酢、コーンスターチを少々加え
 香り付けにバニラとレモンゼスト。


これを140℃で1
時間焼成。
そのままオーブン内でさらに1
時間乾燥させます。


2021072103.jpg


で、これの表面をスプーンで叩いて割って窪ませて、


2021072104.jpg


そこに甘さ控えめのホイップクリームをたっぷりと。


2021072105.jpg


あとはその上に房から外したスグリを全部乗せて。


2021072106.jpg


フサスグリのパブロヴァ。


周りサクサク。

中フワフワ。
酸っぱいスグリをプチプチ噛むと

甘いメレンゲと混ざって程良い甘酸っぱさに。

コーヒーとの相性抜群です。

(*´▽*)


お山も夏らしくなってきました。

そろそろ南国リゾートでバカンスしたい病が発症しそうです。
 
 
 

アンズのお菓子


今回の季節収穫物。


2021071501.jpg


アプリコットオレンジ色のキノコ。

アカハツタケ。

イタリアではこのキノコには
決してバターを使ってはいけないという掟が
 あるとかないとか。


ポーランドではバターで揚げるそうですが。


ロシアでは塩漬けです。


日本よりもヨーロッパで好まれるキノコですな。


2021071502.jpg


タマネギ、ベーコンと一緒に
ガーリックオリーブオイルで炒めて
パスタ♪


んまんま。

(*´ω*)



さて、アンズの季節、でした。


2021071503.jpg


とても酸っぱいので基本的に加工用ですが
 最近では生食用の甘いのも出てきましたね。


その甘いアンズの売り文句が「まるで果物!」でして。

アンズはいつから果物ではなくなったのだろう?


さて。


2021071504.jpg


よく熟れた実はジャムに。

手作りアンズジャムは濃いですぞ。


2021071505.jpg


チョコレートスポンジを焼いて、


2021071506.jpg


スライスしたらシロップを塗り
 裏漉ししたアンズジャムをぬりぬり。


2021071507.jpg


サンドしたら、たっぷり生チョコで全体をコーティング。


2021071508.jpg


ザッハ風チョコレートケーキ。


アンズの酸味が濃厚チョコにほど良いアクセント。



2021071509.jpg


まだ固い実は皮を剥いて半分にして種を取り
 ホワイトリカーに1度くぐらせてから、


2021071510.jpg


蜂蜜漬けに。


2021071511.jpg


数日漬けこむと水分が出て実がキュッと引き締まります。


2021071512.jpg


バターケーキ生地に漬けたアンズを並べて焼いて、


2021071513.jpg


アプリコットのバターケーキ。


2021071514.jpg


アンズをくぐらせたホワイトリカーと
漬けていたシロップを混ぜて
 アンズの蜂蜜酒。


良く冷えた炭酸水で割ると美味。


2021071515.jpg


シロップを寒天で固めて
刻んだはちみつ漬けをちらして
 寒天ゼリー。


よく漬かった実はパリパリとした食感で
 これまたおいしいのです。



アンズの甘酸っぱさは疲労回復にも良いのです。

暑さ疲れにも効きますですヨ。
(*´▽*)
 
 
 

ダークチェリーのタルト


はい、今回はダークチェリー。


2021070601.jpg


色・味・香りと加工にも耐え得る異国のサクランボさん。



まずは土台から。


2021070602.jpg


薄力粉とグラニュー糖をよく混ぜて、


2021070603.jpg


冷たいままのバターを加え、潰しながら粉と馴染ませます。


2021070604.jpg


馴染んだら、卵黄を水で溶いた液を加えて、


2021070605.jpg


捏ねないようにサクサク混ぜて、板状にして冷蔵庫で休憩。


2021070606.jpg


生地休憩中に、チェリーを割って種を抜き、


2021070607.jpg


アーモンドフィリングを作っておいて、


2021070608.jpg


休ませたタルトを伸ばし型に入れて空焼き。


2021070609.jpg


フィリングを入れ、チェリーを並べて、焼成。


2021070610.jpg


ダークチェリーのタルト。


バター少な目で作ったのて
 タルト生地もフィリングもサクサク軽め。


 チェリーの甘酸っぱさが夏によく似合います。



やぁ、夏ですなぁ。
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

twitter → @yamatanupon

calend archive

search

what's new

category

月 (6)