fc2ブログ

- welcome -

2020年4月&5月 『鳥』


 
スギとヤシャブシの花粉で目が開けていられない
4月。

山菜採りで鳥撮りしている暇のない4月と5月。
マツ花粉がすごくて何を撮っても画像が霞む5月。

ついでに葉が茂って鳥さんの姿が見つかりません。

鳴き声だけはたくさん聞こえるんですけどね。

という訳で写真が少ない!

良い写真なんてほとんどない!!

2ヶ月分のなけなしです。



2020060601.jpg 


力いっぱい鳴くホオジロさん。


2020060602.jpg 


穴。


2020060603.jpg 


アカゲラさんが出てきました。

お家? 掘ってるだけ??


2020060604.jpg 


ヤマガラさん。


もう春だから野鳥食堂は休業中です。

ゴハンは自分で探しておくれ?


2020060605.jpg 


クロツグミさん。


今年は警戒心が強いのです。

なにがあった。


2020060606.jpg 
2020060607.jpg 


メジロさん。


群れで通り過ぎていくだけなので
 お会いできるのは1週間くらいですかね。


2020060608.jpg 


コムクドリさん。

あら、かわいい。


2020060609.jpg 


奥さんは美鳥さん。


2020060610.jpg 


モズさん。


2020060611.jpg 


シジュウカラさん。


モズさん警戒中。



早朝
ウグイス、カッコウ、ホトトギスの声が響き渡り

どこかに姿が見えないかと探していたら
樹上に!


2020060612.jpg 


ヒヨドリ!!


君じゃない!!
会いたかったのは君じゃないんだ!!


2020060613.jpg 
でっでーぽっぽー()

騒ぐ山タヌキを生温かく見守るキジバトさん。



鳴き声が嘲笑に聞こえるぅ~。

(T_T)
 
 
 
スポンサーサイト



2020年3月 『池の鳥』


気温は低いのだけれども
氷が張るほどでもないので
 水辺が好きな鳥さんたちも日々入れ替わり。


といってもまぁ、ほぼいつもの面々ですけれども。
 


2020042301.jpg 


水浴び途中のハクセキレイさん。

ぼっさぼさ。


2020042302.jpg 


叫びながら歩くセグロセキレイさん。


2020042303.jpg 


いつも仲良しカルガモさん。


2020042304.jpg 


この羽の造形美よ。


2020042305.jpg 


コガモさん。


2020042306.jpg 


3羽いたオスのうち、メスに選ばれなかった2羽。

哀愁が漂っておりまする。


2020042307.jpg 


カワウさん。


2020042308.jpg 


小柄で、胸からおなかにかけて白いので
 まだ成鳥になりたてなのでしょうか。


2020042309.jpg 


近づいてもボーっとしたままで

警戒心というものが不足している気がします。


2020042310.jpg 


おねむ。


2020042311.jpg 


おトイレ。


2020042312.jpg 


羽繕い。


2020042313.jpg 


虫干し。


無邪気さんです。



1羽ぼっちだったのですが
 その内にカルガモさんと仲良しになりまして。


2020042314.jpg 


一緒に泳いだり。


2020042315.jpg 


一緒に日向ぼっこしてねむねむしてたりしてました。


2020042316.jpg 


たぶん、カルガモさんたちが
生きるのに必要な事を色々と教えてくれるのでしょう。
って雰囲気が日々感じられました。

めるひぇん。


2020042317.jpg 


アオサギさん。


同個体かどうかはわかりませんが
毎年GW連休あたりに1日だけ池で休憩していくのです。
たぶん渡りの途中。


今年は3月、しかも10日くらいのご滞在。


2020042318.jpg 
2020042319.jpg 


じっくりしっかり観察できました。


2020042320.jpg 


日頃、15cmに満たない小鳥さんたちを見慣れているので
 100cm級の鳥さんは大迫力です。



以上、3月の鳥撮りでした。
 
 
 

2020年3月 『山の鳥』


居残る冬鳥。

やって来る春鳥。
通りすがりの旅の鳥。

種類がいっぱいなので
 3月の鳥は2回に分けます。



食べ物ネタがいいというお声は多いですが
 鳥写真だって一部には需要があるのですぞ。

虫もね!!


さて。


2020042101.jpg 


カワラヒワのお兄さん。


2020042102.jpg 


ヒヨドリさん。


2020042103.jpg 


おしりの羽がオシャレさん。


2020042104.jpg 


ヤマガラさん。


人には随分慣れたけれど
 ずーっと見られているとやっぱり気になる。


2020042105.jpg 


これは突然の強風に抵抗するヤマガラさん。


2020042106.jpg 


シメさん。


これはお嬢さん。

目の周りの黒い部分の色が薄いのがお嬢さん。


2020042107.jpg 


シメのお兄さん。


目の周りの黒がくっきり。

頭部も赤みが強いです。


2020042108.jpg 


お水が凍っててしょんぼりなシメさん。
ごめんて。


2020042109.jpg 


イカルさん。


雪が降ってきたのでエサ台が大盛況で順番待ち中。


2020042110.jpg 
2020042111.jpg 


仲良し。


2020042112.jpg 


ツグミさん。


北に向かう日を選び中。


2020042113.jpg 
2020042114.jpg 


ジョウビタキさんたち。


彼らも主に11月~3月にかけてお会いする鳥さんたち。


でも番でいるのはたまに見るので
 お会いできていないだけで、実は子育てもしている?


2020042115.jpg 


お久しぶりのアオゲラさん。


2020042116.jpg 


他人様の家の壁を器物破損の現行犯なアカゲラさん。


2020042117.jpg 


ヤシャブシをツンツンするのに夢中なコゲラさん。


一番小さいコゲラさんが一番大きく撮れるという。
んー。


2020042118.jpg 


モズさん。


モズさんが来たということは
 モズさんのゴハンが現れ始めたってことですな。

虫とか、雛とか。


じわりじわりと春なのです。

 
 
 

2020年2月 『鳥』


冬鳥を撮っていたはずなのに
 背景がなんだかとっても春だった2月。



2020031301.jpg 


ついに家の野鳥食堂に来るようになったカワラヒワさん。


2020031302.jpg 


ひまたねウマウマ。


2020031303.jpg 


シロハラさんのモフモフお尻。


2020031304.jpg 


こっちのシロハラさんは右羽を怪我して
 世の中のすべてに不信感を抱き中。


2020031305.jpg 


野鳥食堂が評判になっちゃって
 野良猫さんが鳥肉狙いに来るようになっちゃって・・・。


2020031306.jpg 


アトリさん。


2020031307.jpg 


ヤマガラさん。


2020031308.jpg 
2020031309.jpg 
2020031310.jpg 


シジュウカラさん。


2020031311.jpg 


後頭部。

だーれだ?


2020031312.jpg 


イカルさんでしたー。


2020031313.jpg 


たそがれるイカルさん。


2020031314.jpg 


シメさん。


2020031315.jpg 


あいかわらずエサ台にしがみついて離れない。


2020031316.jpg 


人間が去るのを待つイカルさんとシメさん。

遠くに逃げる気はさらさら無い。


2020031317.jpg 


小さい鳥さんたちにもリンゴをあげたくて
体が小さくないと取りにくいだろう場所に設置したリンゴを
 無理な態勢でがっつくヒヨドリさん。


この後、エサ台を壊しやがりました。


2020031318.jpg 
2020031319.jpg 


ジョウビタキのお嬢さん。


2020031320.jpg 


まんまるぽふぽふ。

癒し。


2020031321.jpg 


森林整備の音にびっくりして飛び出してきたカヤクグリさん。

危ない倒木を片付けるだけですよー。


2020031322.jpg 


雨の日だけ野鳥食堂に来てくれるようになりました。


2020031323.jpg 


散歩のときによく前を歩いているハクセキレイさん。

ジュニア? ジュニアなの??


2020031324.jpg 


そろそろ旅に出ようかと考えているっぽいカシラダカさん。


2020031325.jpg 


2羽でおいかけっこするコゲラさん。



やはり春の訪れが早いようで。


池にも氷がほとんど張らないので
 カモさんたちがずっといました。


2020031326.jpg 


カルガモさん。


2020031327.jpg 


オレンジ色のあんよが可愛い。


2020031328.jpg 


わらわらっといるカモさんたちの
99%くらいはカルガモさんですが

その中からたまに違う種類を見つけるも
 楽しみのひとつです。


2020031329.jpg 


マガモのお嬢さん。


2020031330.jpg 


オナガガモのお兄さん。


2020031331.jpg 


コガモのお嬢さん。


お嬢さんはよくカルガモさんと一緒にいますなー。

と、思ったら。


2020031332.jpg 


お、コガモのお兄さん!


2020031333.jpg 


おや、あちらにも!


2020031334.jpg 


しかもお嬢さんがひと鳴きすれば
 大急ぎで駆け寄るご執心っぷり。


2020031335.jpg 


コガモのお兄さんは計3羽いました。


いつも1羽でカルガモたちに混ざって
実はちょっと心配していたけれども

コガモのお嬢さんったら
 いつの間に逆ハーレムを!?



そういえば
バレンタインは鳥たちがカップルになる日
 とも言われているそうで。


2020031336.jpg 


確かに、2月の中旬くらいから
 番をよく見るようになりましたねぇ。


じゃあ3月は巣作りですかね。


野鳥食堂に巣材コーナーでも作って
 あーさんの抜け毛でも置いておきましょうか。

(*´ω*)
 
 
 

2020年1月 『鳥』(ご近所さん)


家の野鳥食堂に来てくれない方々。


2020021801.jpg 
2020021802.jpg 
2020021803.jpg 


カワラヒワさん。


何故か食堂には来ません。

でもたぶんそのうちくる。


2020021804.jpg 
2020021805.jpg 


ヒガラさん。


シジュウカラさんが追い払ってしまうのです・・・。


2020021806.jpg 
2020021807.jpg 
2020021808.jpg 
2020021809.jpg 


ミヤマホオジロさん。


何度かは来てくれたのですが
 もう旅に出てしまったようで。


2020021810.jpg 
2020021811.jpg 


ジョウビタキのお兄さん。


お嬢さんは来てくれるのに
 お兄さんは来てくれないのです。

何故なのか。


2020021812.jpg 
2020021813.jpg 


カシラダカさん。


拓けているけれど
適度に隠れられる藪も必要なので
 食堂には来ないです。

でも家の周りにはけっこういます。


2020021814.jpg 
2020021815.jpg 


エナガさん。


ゴハンは難しいけれど
 せめて水を飲みに来てくれないかなぁ、と。

しかし可愛いな君たちは!


2020021816.jpg 


小魚ゲットのセグロセキレイさん。


2020021817.jpg 


カラスさんのご飯になりかけていたハクセキレイさん。


思わず助けちゃって
 しばらくカラスさんから嫌われました。


2020021818.jpg 


藪から飛び出てきて囀っていた・・・どちらさま?


2020021819.jpg 


図鑑で調べたらカヤクグリさんですね。

はじめましてー。


2020021820.jpg 


カケスさん。


エサ台にドングリを置いておいても
 来てはくれないでしょうな。

リスさんは来るでしょうけど。

2020021821.jpg 
2020021822.jpg 


トンビさん?


猛禽類さんはカッコいいですが
あまり仲良くなると
食堂のお客さんたちがゴハンに・・・
(-_-;)
う~~~ん。


あとはピンボケ。


2020021823.jpg 


ぶれぶれマヒワさん。


はやい!撮れない!
(´;ω;)


2020021824.jpg 


ぼんやりマシコさん。


カメラがどうしても
ピントを合わせてくれなかったのです。
#^ω^


2020021825.jpg 


逆光のイスカさん。


シメの群れを撮ったら映ってました。
(・
_・;)



色の鮮やかな鳥さんにご縁のない山タヌキです。



鳥撮りは
喜怒哀楽を引っ掻き回してくれるので
 感情のストレッチにも良いですな。
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

twitter → @yamatanupon

calend archive

search

what's new

category

月 (6)