fc2ブログ

- welcome -

ピタパン


 
月に1度くらいは
 おいしいパンを焼いておこうの会。


今回はピタパン。



2022030901.jpg


強力粉に、きび砂糖、ドライイースト、塩。

ぬるま湯と、オリーブオイルを多めに。

緩めの生地をよく練って、一次発酵。


2022030902.jpg


イーストが多い生地なのでよく膨らみます。


2022030903.jpg


小分けして、平べったくしていきます。


4
つずつくらいを同時進行で順番に
生地に無理をさせず、少しずつ薄くするようにすると
焼き上がった時に
 ちゃんとポケットが出来る確率が上がります。



オーブンを可能な限り高温に設定。

鉄板も一緒に熱しておきます。


2022030904.jpg


熱々の鉄板に生地を乗せて、高温のまま
3分焼成。
温度を180℃まで下げて追加で5分ほど焼成。

ぽっこり膨らんだら成功。


2022030905.jpg


ピタパン。


半分に切って、好きな具材をたっぷり詰め込みます。
 


2022030906.jpg


チキンケバブ。


2022030907.jpg


エビのフリッターのスイート&チリソース和え。


2022030908.jpg


ジンギスカン。


2022030909.jpg


ファラフェル。




たまに無性に食べたくなるのです。
ピタサンド。


おいしくできました。

(*´ω*)
 
 
 
スポンサーサイト



ライ麦カントリーブレッド


 
月に1度くらいは

おいしいパンを焼いておこうの会。

前回、ライ麦粉を開封してしまったので
 今回もライ麦。
 


2022022501.jpg


強力粉、ライ麦粉、三温糖、塩、ドライイースト。


2022022502.jpg


80%のぬるま湯を加え、ヘラなどを使ってひとまとめに。


ラップをして30分放置したら

ヘラで10回くらい生地を伸ばしては折りたたみ
 ぺったんぺったん。


上記3行を3回繰り返したら冷蔵庫に入れて一晩。


2022022503.jpg


翌日、35℃で1時間、一次発酵させた生地がこちら。


さて、ここからは生地をなるべく触らないように。


2022022504.jpg


別のボウルにオイルを塗り、強力粉をたっぷりとまぶし

先程の発酵させた生地を持ち上げてひっくり返す感じで
 ボウルに入れます。


濡らしたヘラなどを使って、なるべく空気を潰さないように。


この状態で35℃で40分、二次発酵。


2022022505.jpg


二次発酵後
シートを敷いた鉄板にボウルをひっくり返して生地を乗せ
 深めのピケ。


230℃で35分、焼成。

焦げそうになったらアルミホイルを被せます。

調理用の温度計があれば突き刺し
 中心が93℃になっていれば焼き上がり。


2022022506.jpg


あ、切り込みの部分にオイルを塗るのを忘れました。


ピケにオイルを塗っておくと
 もうちょっとキレイに切り込みが開きます。


2022022507.jpg


ボルシチと。


サワークリームはスープに入れるよりパンに塗った方が好きです。


2022022508.jpg


チーズトースト。


くっさいチーズが合うのです。ヤギ乳チーズとか。

陽も高いうちからワインが欲しくなってしまいますな!


おいしくできました。


でも次はピケにオイルを塗るのを忘れないようにしよう。
(*ノωノ)
 
 
 

ねこねこぱん



2022年2
月22日。

今年はただの猫の日ではなく
  スーパーな猫の日だそうなので。



2022022201.jpg


ごくごく普通のパン生地。

ちょっと甘めでフワフワのパンになるやつ。


2022022202.jpg


小分けして、
半数はそのまま二次発酵へ。


2022022203.jpg


もう半数は、二等分にして、半分をさらに四等分。


大きい方は三角形をめざし
小さい方は丸くしてくっつけて
 二次発酵。


2022022204.jpg


二次発酵が終わったら、オーブンを温めている間に
 丸めただけの方にハサミで2か所切れ込みを入れます。


2022022205.jpg


焼成。

冷めてから
 お絵描きしたり、ひっくり返したりします。


2022022206.jpg


ねこぱん。


2022022207.jpg


にくきゅうぱん。


2022022208.jpg


焼いた後のクッキングシートまでかわいい。


2022022209.jpg


にゃんにゃんにゃ~ん。

(=^ω^=)
 
 
 

ライ麦ベーグル



月に1度くらいは
 おいしいパンを焼いておこうと思いまして。



2022013101.jpg


捏ねて1次発酵を終えたベーグル生地。


ライ麦は10%。

モラセスをちょっと入れるとおいしくなるのです。


2022013102.jpg


小分けしてベンチタイム。


2022013103.jpg


真ん中にぶすりと指で穴を開け
穴を拡げて
 ドーナツ形に成型。


2022013104.jpg


2%の砂糖を加えた90℃のお湯で両面を1分ずつ茹でます。


2022013105.jpg


茹であがったらしっかり水気を切ってから、焼成。


2022013106.jpg


良い焼き色。



2022013107.jpg


スモークサーモンと、どっさりレタス。


2022013108.jpg


オイルサーディンと、ハム&スライスオニオン。


2022013109.jpg


塩ハニークリームチーズにブラックペッパーをたっぷり。




ベーグル、おいしいくできました。

(*´ω*)
 
 
 

冷凍シナモンロールの焼き方


これは、山タヌキから
 冷凍シナモンロールの生地を送り付けられた場合の対処法。

尚、「ウチには届かないんだが?」等の苦情は
 受け付けておりません。



さて。


2021042901.jpg


オーブンで焼ける器に

(耐熱バットとか、グラタン皿とか)
あれば無塩バター、なければ植物性のオイルを塗って
凍っている生地を並べます。


2021042902.jpg


1個ずつアルミカップとかでもいいんだけど

みっちり並べて焼いた方がしっとり焼き上がります。

1個ずつ焼くならココットに入れて焼くのがオススメ。


乾かないようにラップをして

室温で30分~1時間ほどかけて溶かします。
生地の真ん中あたりを触ってみて、ふにっとしたらOK。


2021042903.jpg


170℃に温めたオーブンで15分~20分焼きます。


焼き上がり時は
真ん中が飛び出していることがありますが

スプーンの底などで
 ぐいぐい強引に押し戻しちゃってください。


2021042904.jpg


熱々のうちに
 フロスティングをたっぷりとかけます。


一緒に入っていた白い袋のやつです。

生地と一緒に常温で溶かしておいてください。
白い輪ゴムの方を外せばそのまま絞れます。

1個ずつ焼いた場合は、1個につき20g弱が目安です。



焼きたて熱々を食べるのも自分で焼いたからこその特権ですが

フロスティングが馴染むまで2時間くらいおくと
生地全体がしっとり仕上がります。


2021042905.jpg


まぁ、あとは、お好きにお食べ?



Have a nice stay-home.
(*´ω
*)
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

twitter → @yamatanupon

calend archive

search

what's new

category

月 (6)