- welcome -

余りマッシュポテトのじゃがパン


作り過ぎたマッシュポテトの残り半分。


2018052801.jpg 


強力粉とドライイーストを計量し、よく混ぜておく。


2018052802.jpg 


マッシュポテトに砂糖、塩、バターと、熱湯を少々加え
 全体をよく混ぜたら、


2018052803.jpg 


粉を少しずつ加えながらまとめて捏ねて。


2018052804.jpg 


1次発酵。


2018052805.jpg 


分割して表面にサラダオイルを薄く塗ってベンチ。


2018052806.jpg 


再成形の際には
 まな板に強力粉と荒く砕いたオーツ麦を散らして。


2018052807.jpg 


最終成形&2次発酵。


2018052808.jpg 


発酵が終わったらクープ&焼成。


2018052809.jpg 


焼きジャガみたいな、こんがりじゃがパン。


見た目に反して柔らかく
 きめ細かい生地のパンです。


小麦とオーツ麦とジャガイモの
 甘い香ばしさが食欲をそそるのです。


2018052810.jpg 


焼きジャガみたいに
 焼き立てパンの切れ込みにバターを乗せるも良し。


2018052811.jpg 


薄くスライスしてからトースターでカリッと焼いて
 クラッカーみたいに具を乗せても良し。


2018052812.jpg 


ザワークラフトとブルストとか
アンズジャムとか
 ドイツっぽくしてみたり。



ニョッキの際にまた余らせちゃった
 ソース各種を塗っても美味しいです。


お気に入りはタラコクリーム。


タラモサラダがあるように
 ジャガイモと魚卵ってなかなかに相性が良いのです。



よし!マッシュポテト無くなった!


主食のおかずに炭水化物が摂取しづらいのなら
炭水化物なおかずを主食に変えてしまえばいいじゃない?
と思ったのですよ。
 
 
 
スポンサーサイト

NY経由、イタリア→フランス→スペインの旅


この3連休を利用しての旅行と見せかけた件名詐欺です。

1歩も家から出ません。


さて。



なにがどうしてNY式なのかは分かりませんが
ニューヨークで一時期流行っていたらしいピザ生地が
作り方簡単で実に美味しく
 現在、からんと家でブームになっております。



強力粉 228

砂糖 小さじ2
ドライイースト 小さじ14
塩 小さじ34

を、軽く混ぜたボウルに、


水 160cc

サラダ油 小さじ2
(からんとオススメのオイルはヘーゼルナッツオイル)

を加え、


2018021101.jpg 


匙でも箸でも手でも
とりあえず全体がまとまる程度にぐるぐるまぜまぜ。
捏ねないです。



ラップをかけて、冷蔵庫で30分。


生地を取り出し
両手で引っ張って伸ばしてから
 ぱたんと畳む。を5回くらい。


生地をボウルに戻して、ラップして冷蔵庫へ。


上記を30分毎、計3回繰り返します。


するとこのように。


2018021102.jpg 


みょーん!と伸びる生地になります。


生地がこのような状態になったらキレイに丸くして
ボウルに収め
乾燥させないようにしっかりとラップをし
 そのままの冷蔵庫で24時間~48時間。


長時間低温発酵なのです。


食べたい!と思って作り始めてから
 ありつけるのは2日か3日後なのですよ。



さて。


2018021103.jpg 


長時間発酵させた生地を冷蔵庫から取り出し
37℃くらいの環境で1時間程置いておくと
 生地がこのように。


2018021104.jpg 


これを綿棒などは使わず
気泡をなるべく潰さないように手で鉄板の上に拡げて


2018021105.jpg 


タマネギとオレガノたっぷりのトマトソース


2018021106.jpg 


イタリアンサラミ


2018021107.jpg 


そしてチーズ。


あとは高温にしたオーブンで焼成。


2018021108.jpg 


生地から手作りのお家ピッツァ。


具がたっぷり乗った真ん中も美味しいけれど
外はカリッと中はモッチリとした
 端っこの生地もすごく美味しいのです。



さて。


2018021109.jpg 


この生地を小分けして、軽く伸ばして
チーズを何種類か包んでから
 2次発酵して焼成。


2018021110.jpg 


チーズフランス。


2018021111.jpg 


あふれたチーズがパンの底で焼きチーズになってしまいましたが
 これがまた美味しい。


2018021112.jpg 


細長く成型し、


2018021113.jpg 


2次発酵、クープ、焼成すれば

フランスパンの一種
 バゲットよりもちょっと太めで短いバタールに。


2018021114.jpg 


あ、ぶちゃいく。


2018021115.jpg 


断面はこんな感じ。


この気泡が素晴らしい。
外はバリバリ、中はもっちり。



さてさて。


美味しく頂いた後、余ってしまった
いえ
 敢えて余るように多めに作ったバタールに、


2018021116.jpg 


砂糖、シナモン、レモンの皮を加えて
一度煮立たせた牛乳をたっぷり吸わせてから、


2018021117.jpg 


溶き卵にくぐらせ、


2018021118.jpg 


多めのオリーブオイルで両面をこんがり焼いて。


お皿に移してから
 ハチミツをたっぷりかけて。


2018021119.jpg 


フレンチトーストならぬ、スパニッシュトースト。



フレンチトーストは牛乳と卵を混ぜた液にパンを浸して
バターで焼きますよね。


ちょっと順番と焼く時のオイルの種類が違うんですねー。



と、その程度の違いだと思ったら全然違った!!


中はふわふわもっちもち。
外はカリカリ。


シナモンとレモンとオリーブオイルで
 口の中に何とも言えぬ華やいだ香りが!


これが地中海の香り!?


正直、フレンチトーストの
 パン粥みたいなふやけたパンの食感が苦手なのですが。


スパニッシュトーストすごく美味しい!



はー、満喫♪



引き籠り山タヌキによる
 妄想世界ごはん。


安全、低予算で、楽しくて、美味しいですぞ?

(* ̄▽ ̄*)
 
 
 

ビールを美味しく飲むためのフラムクーヘン


2017082001.jpg 


おもむろに生地をこねこね。


プレッツェル用の生地です。


2017082002.jpg 


ですが、今回はこの生地を
鉄板いっぱいに薄く伸ばし
 全体にフォークで小さな穴を空けて。


2017082003.jpg 


1つにはサワークリームに塩・コショウ・ナツメグを混ぜた物を。


もう1つには自家製ジュノベーゼソースを
 たっぷりとまんべんなく塗って。


2017082004.jpg 


刻んだタマネギとベーコンをたっぷりと。


本来のレシピではもっと控えめに乗せるのですけどね。

たっぷり美味しいです。
(*´ω`*)


あとは生地がカリッとするまで焼成。


どうしても端の方のソースが焦げてしまいますが
 そこはまぁ、ご愛嬌。



あと用意すべきはよく冷えたビール!


ドイツ料理なので、奮発してドイツビールを!
と思って海外ビール売り場でそれっぽいの買ったら
オランダのブランドのビールだったよ。
しかも国産だった!

この記事を書く際に知りました。


2017082005.jpg 


はいねけん!


でも苦味があまりなくて美味しかったから良いのです。



ビールの美味しさがいまいち分からず
普段は全く飲まないので、上記の通り無知なのですが
 フラムクーヘンを作った時だけは別なのです。


ビールをこんなに美味しく飲める料理は他に知りません。



3週間ぶりの休日にかんぴゃいっ♪

(〃゚∀゚)ノ□☆
 
 
 

残り物キーマカレーパン


前日の昼食のカレーと
同じく前日の夕食の麻婆豆腐用のひき肉が
 残ってしまったので。


2017072301.jpg 


パン生地こねこね。


ターメリックとかブラックペッパーを練り込むと
 よりスパイシー。


2017072302.jpg 


1次発酵中に
タマネギ、ニンジン、セロリ、ニンニク、ショウガを刻み
ひき肉を加えて炒め
塩コショウ、オールスパイス等でしっかり目に味付けてから
残ったカレーとプレーンヨーグルトを加えて
 水分が飛ぶまでじっくり煮込み?炒め?ます。


2017072303.jpg 


発酵が終わった生地を平たく伸ばし
粗熱を取ったカレーを塗り広げ
 さらに好みの具をトッピング。


2017072304.jpg 


くるくる巻いて、同サイズに切り、2次発酵。


2017072305.jpg 


焼成。

更に余ったカレーには
夏野菜とコンソメスープを加えて
 煮込み直してカレースープに。


2017072306.jpg 


リメイクカレーでランチです。


以下、蛇足。



ウェルシュ菌による食中毒が昨今増加の傾向にあるのだとか。


ウェルシュ菌自体はどこにでもいるんですけどね。
増えすぎると調子に乗るのです。


奴らはカレーとかシチューとかポタージュとか
 どろりとした物の鍋底大好き。


生温かいと大量増殖するうえ強化までして
 100℃で6時間煮込んでも滅びない耐性をつけるのです。


大量に作って常温のまま放置したカレーは
 まさに彼らのパラダイス。



弱点は酸素と低温です。


調理の際にはよくかき混ぜ
 鍋底にも酸素を送り込む感じで。


作ったら食べきるか
 余った場合もなるべく早く冷まして冷蔵庫へ。


それらはあくまで菌の増殖を防ぐもので
 殺菌にはならないのであしからず。



だから、まあ。


食中毒を防ぐには調理したその日が決め手なんで

1度でも菌が大量発生しちゃった前の日の煮込み料理は
煮込もうが凍らせようが泡だて器で撹拌しようが
 もう手遅れなんですけどねー。
┐(´д`)┌



お腹痛くしないように、気を付けて下さいまし。
 
 
 

コケピヨぱん


2017012301.jpg 


パンの生地を2種類。


黄色い方は着色料を加えただけ。

カボチャとか、カレー粉でもいいんですけどね。


2017012302.jpg 


1次発酵、小分け、ベンチ、成型、とやって
 オーブンシートを敷いた耐熱容器に白と黄色を交互に並べ。


2017012303.jpg 


トウモロコシ。


2017012304.jpg 


黒ゴマ。


2017012305.jpg 


ニンジン。


2017012306.jpg 


2次発酵させて
180℃で温めておいたオーブンを150℃まで下げて
 なるべくコゲ色が付かないように焼成。


焼く前が一番かわいいのですけれども。

焼かないと食べられないですからねぇ(^^;)


2017012307.jpg 


フワフワちぎりパン
ニワトリさん&ヒヨコさんver.


2017012308.jpg 


コケピヨぱんに
チキンブイヨンの野菜たっぷりスープと
チキンソテーには
 タマゴたっぷりタルタルソース。

余ったクチバシはバター炒め。

酉年こけぴよ~。
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time