fc2ブログ

- welcome -

節分ストロンボリ と ベーコンエピ



あーさんの体調が芳しく無く
 ハワイごっこどころではありませんでした。


あーさんは回復してきて一安心なのですが

 2月のイベントが押し寄せる時期になってしまいました。

なので、まぁ
ハワイ行ったり
豆巻いたり
チョコったり
シイタケ奉ったり
 ランダムで生きていこうと思います。


細々とでもブログやってるとつくづく思います。

歳時記通りに日々をこなせる人って凄い。



さて、まずは節分ですな。

 昨日は124年ぶりの2月2日の節分でしたので。


2021020301.jpg


毎度おなじみ、長時間低温発酵させた生地を伸ばして

ハーブを利かせたトマトソース
ベーコンと

節分なので、メザシの代わりに、オイルサーディンを真ん中に。


2021020302.jpg


ピザ用チーズをたっぷりかけたら

くるくる巻いて
オリーブオイルを塗って
 200℃で25分ほど、中までじっくり焼いて。


2021020303.jpg


あ、破れちゃいました。


粗熱が取れたら切り分けて
パセリとガーリックチップをまぶして
 完成。


2021020304.jpg


節分ストロンボリ。


南イタリアにストロンボリ島というのがありまして。

その島の名前にちなんだ、巻き巻きピザだそうです。

んまんま。
(*´ω*)



2021020305.jpg


さて、同じ生地を小分けして細長く伸ばし
 ベーコンを置いて、巻き巻き。


2021020306.jpg


オリーブオイルを塗って二次発酵。


このまま焼いてベーコン入り細フランスパンにして
 恵方食いしてもいいんですけどね。


2021020307.jpg


ハサミで深く切り込みを入れつつ
左右交互にずらして
 麦穂の形に。


外はパリっと中はもっちりするように
 高温で焼成。


2021020308.jpg


ベーコンエピ。


ちょっと高温が過ぎましたが
 ちゃんとパリっともっちり。
(*´ω*)


節分にはなにか巻かねば!
 と、すっかり洗脳されております。


ちなみに夕飯は手巻き寿司。
(*'ω'*)
 
 
 

メリクリ・ピッツァ


 
今年もやらかしております。

「何かあげるから何かおくれ」な
 不信心 かつ 大人げの無いクリスマス。

専ら山タヌキはお菓子系をお贈りさせて頂いておりますが

「甘くない物がいい」とのリクエスト。
相談の結果
「あとはお家で焼くだけのピザ」を送ることに。


お家ごはん用にピザは作りますが
 贈り物としては初の試み。


大いに勉強しつつ
送り先様から「遊んでよし!」と了承を得たので
 遠慮なく遊びました。



とりあえず、基本形。

つまりは冷凍ピザをホームメイドするのです。

ポイントは
すべての素材を調理して
 完全に冷ましてから組み立てることですかね。


2020122301.jpg 


まずは生地。

からんとのピザ生地は紐育式長時間低温発酵型です。


2020122302.jpg 


鉄板いっぱいに出来るだけ大きく伸ばして、


2020122303.jpg 


高温で3分だけ焼いて、イースト菌の活動を止めます。

しっかり冷めるまで小休止。


2020122304.jpg 


今回の具のメインはキノコさん。

ブナシメジ、エリンギ、マイタケ、オオヒラタケ。

大きめに切って
オリーブオイル、白ワイン、塩で
 水分が出なくなるまで火を通し冷ましておきます。


キノコから出てきた水分はトマトソースに加え
イタリアンハーブも加えて味を調え
煮詰めて水分を飛ばし
 濃い目のソースに仕上げて冷まします。


その他諸々の具材も
水分が滲み出てこないように加工し
 冷たい状態にしておきます。


全ての準備が整ったら組み立て。


2020122305.jpg 


生地にトマトソース
レンジで1分加熱して冷ました刻みタマネギ
 刻んだハム。


2020122306.jpg 


ピザ用チーズに炒めたキノコ。


ラップも何もせず
この状態で3時間ほど冷凍し
 凍ったのを確認してからラップで二重
にぐるぐる巻き。

賞味期限は冷凍庫で3ヵ月。


解凍してからオーブンで焼けば
 いつでも焼きたて手作りピザの出来上がり。


2020122307.jpg 


トマトソースと4種のキノコのスクエアピザ。




はい、次。


2020122308.jpg 


シーチキン
照り焼きのタレに絡めたタマネギ
刻んだパプリカをマヨネーズで和えて、


2020122309.jpg 


伸ばした生地を横に4分割。
その上にツナマヨとチーズを乗せて
生地を閉じて具を包み、


2020122310.jpg 


2本をねじねじ。


2020122311.jpg 


鉄板いっぱいにループするようにぐるぐるねじねじ。


2020122312.jpg 


焼き上げてから具を飾って、完成。


2020122313.jpg 


てりやきツナマヨのリースピザ。


これは試作時のもので
写真映えを意識せずに作ったので
 見苦しいですが、お許しを。




ほい、もう1品。


2020122314.jpg 


クリームチーズにすりおろしたコンテとパルミジャーノ。

刻んだほうれん草、タマネギ、ニンニクを混ぜ合わせ、


2020122315.jpg 


三角形に伸ばした生地に隅々までたっぷりと。


2020122316.jpg 


さらにベーコンとピザ用チーズも。


もう1枚、三角形の生地を被せ
 完全に切断しないように左右に10ほど切れ込みを入れ、


2020122317.jpg 


切れた部分を2回ずつねじねじ。

星形に抜いた野菜を飾ったら、オーブンで焼成。


2020122318.jpg 


クリームチーズとほうれん草のツリーピザ。


2020122319.jpg 


これも試作時の写真です。


てっぺん星のパプリカは
 25分の焼成に耐え切れず燃え尽きました。


枝を切り分ける、パーティー向けのピザですな。

見た目もとってもクリスマス。


クリスマス・パーティーのお手伝いに役立てましたでしょうか。

メリー・クリスマスでーすよー♪
(*´ω*)
 
 
 

イースターのキャロットコロネ


4月12日、イースター。

キリちゃん復活おめ!
(≧▽≦)

と、懲りないめげない不敬な山タヌキ。


ついでに
 日本だと『パンの日』でもあったそうな。

だから春と言えばパン祭りなんですかね?


さてさて。


2020041301.jpg 


ニンジンの皮を剥き
水にくぐらせ、ラップを巻いて
 レンチン2分。


1本はすりおろし。

1本は厚めのイチョウ切り。


2020041302.jpg 


強力粉、砂糖、塩に
すりおろしニンジン、タマゴ
イースト、牛乳、バターで生地をこね・・・
 というより、まぜ。


2020041303.jpg 


水分多めのぺちゃぺちゃ生地です。


1時間ほど発酵させている間に。


2020041304.jpg 


紙と、ひと回り大きいアルミホイルで、図工。


2020041305.jpg 


使い捨てコロネ型を作っておきます。


2020041306.jpg 


そしたら固ゆでたまごを作って、


2020041307.jpg 


白身の一部とハムで謎の造形を作っておき、


2020041308.jpg 


残りはイチョウ切りのニンジンと一緒に
 ニンジンサラダに。


ニンジン、ゆでたまご、ハム、タマネギを

マヨネーズ、粒マスタード、はちみつレモン
 クローブ、塩コショウと混ぜました。



さて、1時間。


2020041309.jpg 


2倍に膨らんだ生地を、


2020041310.jpg 


4つに小分けしてベンチ。


2020041311.jpg 


打ち粉を使いながら
80cmくらいのひも状に伸ばし
コロネ型に巻き付けて
 巻き終わりを底に。


表面にバターを塗って、二次発酵。


2020041312.jpg 


焼成。


型を抜き
ニンジンサラダを詰め込んで
 完成。


2020041313.jpg 


ニンジン生地とニンジンサラダの
 キャロットコロネ。


2020041314.jpg 


ウサミミが生えていたり、


2020041315.jpg 


ウサケツがはみ出したりしております。


イースター仕様だからね!



周りサクサク、中フワフワ。

ニンジンの甘みが優しい
 美味しいパンでした。

U╹ x ╹U
 
 
 

春色手鞠あんぱん



4月4日はあんぱんの日だったそうで。

木村屋さんが明治天皇にあんぱんを献上した記念日だとか。
ほうほう、桜あんぱん。
おいしそうですな。
(*´ω*)


お山はやっと梅の花が咲き出しまして。

まだ桜には早いですが、春らしいのが良いですな。

と、言うことで。


2020040601.jpg 


パン生地こねこね。


2020040602.jpg 


3つに分けて、3色に。


2020040603.jpg 


発酵させたらちまちまと小分けて

 ちまちまと並べて。

バレンタインのクッキーでも同じような事したなぁ。


2020040604.jpg 


生地を伸ばして真ん中にあんこ玉。


2020040605.jpg 


包んで二次発酵。


2020040606.jpg 


焼成。


あ、ちょっと温度が高過ぎましたね。

次はもうちょっと低い温度で焼きますかね。


2020040607.jpg 


春色手鞠あんぱん。


味は、いたって普通のあんぱんなのですが
見た目が可愛いと
普通より美味しく感じるのが
 スイーツの不思議。


ちょっくら不細工でも許されるのです。

からんとは許した!



2020040608.jpg 


未だに陽が沈むと氷点下。

浮かれた雰囲気も全然ないし。
お家で遊べているうちはまだ良いのですが。
食料規制なんて始まっちゃったらどうしたもんか。

ま、今できることは
うがい手洗いと
 暗くなりすぎずポジティブでいることですな。



桜が咲いたらお花見団子作るぞー!

(*'ω'*)
 
 
 

緑色と黄色の野菜クラッカー


気に入っております、野菜クラッカー。


冷蔵庫の中を引っ掻き回しては
 色々と試しております。


ちょっとしたつまみ食いでも
 チョコやクッキーよりも罪悪感が少ないのです。


それはそれで逆に危険な気もしますけれども。



さて、今回は。


2019022001.jpg 


セロリ&パセリ&ピーマン

野菜嫌いへの嫌がらせとしか思えないラインナップ。


2019022002.jpg 


刻んで混ぜこねてー。


2019022003.jpg 


伸ばして切ってー。



2019022004.jpg 


あまりにも緑色だったので、癒しの黄色。
ニンジン&トウモロコシ。


2019022005.jpg 


刻んで混ぜこねてー。


2019022006.jpg 


伸ばして切ってー。


焼成。


2019022007.jpg 


緑色と黄色の野菜クラッカー。


緑色は、強烈な緑の味と香り。
口に入れてパセリ、噛みしめてピーマン、後味にセロリ。
なんかもう、容赦のない緑。


黄色は甘い野菜を使ったので
 野菜の甘みがぎっしり。
クラッカーというよりも、お菓子のよう。


人によって好き嫌いが分かれそうですが
 からんとはどっちも好きです。
雑食ですからな!


2019022008.jpg 


クラムチャウダーと一緒に、健全に朝ごはん。


2019022009.jpg 


頂いたスモークチーズと
ちょっと漬かりすぎのウトペネツを引っ張り出して
 不健全にこっそり夜食。


でもグラスの中の液体はノンアルコールですぞ。
ジンジャーエール。



さてー、次はどの野菜を刻みますかねー。
(*´ω*)
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

twitter → @yamatanupon

calend archive

search

what's new

category

月 (6)