fc2ブログ

- welcome -

春の里へ


いつも当ブログをご訪問頂きありがとうございます。

まずは皆さまに大切なお知らせがございます。

拙宅のアーヴァイン、まだ11才でした。


2019042201.jpg 
ぴちぴちヤングですよ!


去年の日記を見返していたら、10才になったって書いてありました。

時間が経つのが早いなぁと常々思っていたら
 ちょっと進め過ぎましたな。


お祝いコメントありがとうございました!



さてー。


2019042202.jpg 


からんとの巣の周りでは、今、梅が満開です。


2019042203.jpg 


梅。

ウグイスさんも鳴きだして、メジロさんが蜜を吸いに来ます。
春ですな。



しかし山を下りた里ではもう桜が満開とのことなので
 お花見してきました。


あいにくのお天気だったので、ちょいと写真がイマイチですけれども。


あーさんもいっしょ。


2019042204.jpg 
ぽかぽか~。


今年初の20℃越えでした。



まずはお山の西側の里へ。


2019042205.jpg 
2019042206.jpg 
2019042207.jpg 
2019042208.jpg 
2019042209.jpg 


古い木が多い地区でして。
なかなかに良い枝ぶりなのです。


2019042210.jpg 


スズメさん!


お山にはめったにいないのですよ。
幻の鳥。



したらば次は、南側の里へ。


2019042211.jpg 
2019042212.jpg 
2019042213.jpg 
2019042214.jpg 
2019042215.jpg 
2019042216.jpg 
2019042217.jpg 


こちらは種類の多さが魅力ですな。


2019042218.jpg 


ムクドリさん。


お山では、夏にたまーに見かけます。



さて、ランチは、隠れ家的和風洋食屋さんへ。

この道半世紀以上のベテランシェフがこじんまりと営む隠れた人気店。


2019042219.jpg 


オニオングラタンスープと、


2019042220.jpg 


鹿肉ハンバーグをいただきました。


今まで食べたシカ肉料理で断トツに美味しかったです。

ジビエの臭みは全くしないし
 ジューシーでコクがあるのに脂っこくもなく。

下味がしっかりしているので
 ソース無しでもお肉の美味しさをたっぷり感じられて。

つけ合わせの山菜のフリッターがまた絶妙な塩加減で。

今年は春夏秋冬それぞれ行ってみようかと画策中です。

季節ごとのお料理を食べたてみたいです。
シェフのおじいちゃんが引退してしまう前に!



よく歩き、よく食べて、家に帰ってきたら
 ヤマザクラのつぼみが膨らみ始めていました。


2019042221.jpg 


今週中には咲きますかねぇ。
まだ霜が降りる日もありそうな気がするけれども。


2019042222.jpg 


せっかくなので、おやつも桜。

さくらもち。


梅は春の始まりで、桜は春の盛り、ですかね。

春、満喫中です。
(*´ω*)
 
 
 
スポンサーサイト



眠り鼠と絹の道


2019032401.jpg 


今年も母の誕生日に合わせ
からんとは粛々とティラミスを拵え
 無事献上致しました。

で。

ティラミスを食べ終わってから
自分が何故ティラミスを食べられたのか
その理由を思い出した父が慌てふためいて
 今度みんなでお出掛けしよう!と言い出しまして。

日を改めて、ちょっとお出掛けしてきました。


まずは清里・清泉寮。


2019032402.jpg 
2019032403.jpg 


いつもと違うお山に囲まれるのも一興。

冬場、こちらの『やまねミュージアム』では
 冬眠中のヤマネさんが観察できるそうで。

見たかったのです。


2019032404.jpg 


しかし残念。
ヤマネさん、冬眠から起きちゃったんで、展示中止。


2019032405.jpg 


運が良ければこんなヤマネさんを観察できたはずのなですが。
(展示写真の写真です)


2019032406.jpg 


人間サイズに拡大して再現したヤマネの巣とか、


2019032407.jpg 


可愛い写真とか、


2019032408.jpg 


骨格標本とか、


2019032409.jpg 


ヤマネグッズのお土産とか見てきました。

これはこれでなかなかに。


2019032410.jpg 


せっかく清泉寮まで来たらソフトクリーム食べとかないと!
夏は1時間待ちとかだそうですよ。

ミルキーを氷菓子にしたようなお味。

80年も歴史があるのですねー。

聖アンデレ教会とかありますな。
50周年くらいのときは
 まだ尼僧姿で作業する方々を見かけたそうですけれども。


2019032411.jpg 


乳製品が自慢なので
ソフトクリーム以外にもミルクパンとかミルクキャンディとか
乳製品関連が多いですが
 個人的なおすすめはカンパーニュとカモミールキャンディ。


2019032412.jpg 


お次は山を少々降りて『平山郁夫シルクロード美術館』

と、その前にお昼ごはん。


2019032413.jpg 
2019032414.jpg 
2019032415.jpg 


近くのレストランでトルコ料理のランチがありまして。
シルクロード気分を食まで堪能できますぞ。


さて、美術館。

平山氏の作品と
シルクロードの通る各地の遺跡物を鑑賞。


2019032416.jpg 
2019032417.jpg 
 
2019032419.jpg 
2019032418.jpg 


美術館と博物館を同時に楽しめて
館内にはエスニックな香りがほのかに立ち込めて
 とても充実した時間を過ごせました。


満足した帰り道
ばったり出会った知り合いの方に
 可愛いお団子を頂きました。


2019032420.jpg 


「ちょうど『ねはんえ』の帰りなのよ、どうぞ」って。

ほんのり甘くてもちもち美味しいお団子でした。


ところで、ねはんえ?
『3月15日 ねはんえ 仏教』

検索っと。

『涅槃会 ニルヴァーナ』
お釈迦様のご命日か!

お会いしてきましたぞ、シッタールダ王子。


2019032421.jpg 


1800年前にアフガニスタンで作られた釈迦像は
 王子様らしさを感じさせるイケメンでした。


西はローマ、東は平城。

西の宗教が東の山奥まで来たことで
結果として
ヤマネさんのミュージアムができた訳で。


色々たまたま偶然が重なった、ご縁を感じた1日でした。
 
 
 

『3』の呪い


3連休の最終日にちょっとおでかけしてきました。



近所のレストランの連休限定バイキングにて。


2016101301.jpg 

3種のカレー。

(イカスミ・ルバーブ・カボチャ)


2016101302.jpg 

3種のパスタ。

(イカ&タラコ・キノコ&バジル・ナス&トマト)


2016101303.jpg 

3種のピザ。

(マルゲリータ・マヨコーン・ミートソース)

9種食べ放題&ドリンク飲み放題で1000円。


1種類100円で提供はすごいな。
美味しかったです。



で。


引き続き、クラフト市へ。


2016101304.jpg 
2016101305.jpg 


キノコ狩りじゃあああ!\(゚Д゚)


2016101306.jpg 


収穫。


ホクホク。
(*´ω`*)


ノリと勢いでつい3個ずつ。


2016101309.jpg 
2016101307.jpg 
2016101308.jpg 


こちらのシリーズは
一昨年、去年と2つずつ増やしたので
今年も2つにする予定だったのだけれども
アミガサタケの誘惑に勝てなかった・・・!!


『3』だ。『3』の呪いだ・・・。


・・・キノコグッズを集めている訳では・・・ない
 はずなのです。


2016101310.jpg 
ナカマガフエタヨー。



年々着実に増えていくけれども。


クラフト製作者様に顔を覚えられてしまったけれども。


メモを貼る用のボードがキノコマグネット展示用になるのも
 時間の問題のようだけれども。


でもホクホク。
(*´ω`*)


2016101311.jpg 
キノコバカが悪化しているですよ。



秋はキノコとドングリがあれば毎日でも遊べます()
 
 
 

お買い物の日


引きこもりの山タヌキ
久しぶりに下山して
 お買い物をしてきました。


春に、オススメの日本酒を何本か送って欲しいと頼まれて
ずるずるぐずぐず引きこもっていたら
あっという間に本格的な夏が目前に迫っていたので
 大慌てで行ってきました。


2015062701.jpg 


旅の道づれはムーミントロール。



さて、酒蔵一軒目。


2015062702.jpg 


若輩が一人で敷居をまたぐには勇気が必要な酒蔵。


カスタマーサービスを求めてはいけない
 職人気質なお店です。


でも試飲は無料。
勇気を出して要求しましょう。


地元以外ではめったに出回らない銘柄なので
 通に喜ばれます。


オススメは純米吟醸。
濃い味。



酒蔵二軒目。


2015062703.jpg 


来る者拒まず。近代化にばっちり適応した老舗酒蔵。


カスタマーはマニュアル通りで高品質。


試飲は有料。
有料な分、きっちりサービスしてくれますけどね。


有名どころなんで、贈り物には無難。

種類も豊富で、辛口好きに好まれるお酒が多いです。

各種催しの際に振る舞われる樽酒が好きなんですが
樽を買うにはお財布の中身が足りないので
お好みのお酒と杉の升をセットで買うと
とりあえず木の香りのするお酒を楽しめます。

お手軽、オススメ。



酒蔵三軒目。


2015062704.jpg 


芸術やイベント、商品コラボなどに積極的
かつ
 伝統も重んじる温故知新なお酒屋さん。


2015062705.jpg 


この日もちょうどお店の2階で
アイロンキャスティング作品の展示会をしていました。


フレンドリーなカスタマーで
 にわか酒好きにも親切丁寧に説明してくれます。


試飲は無料。
車で来店した人が傍から見ていて羨むほど
 次から次へと味見させてくださいました。


大吟醸
アルコール度数の高い日本酒他
 梅酒などもこちらの酒蔵さんのがオススメ。


2015062706.jpg 


って事で、送るお酒を買い込んで、っと。



駅に戻る途中でパン屋さんへ。


2015062707.jpg 


先月で創業100年を迎えた地元に愛される老舗パン屋さん。


水、粉、酵母にこだわり、培われた技術は確か。


パンはとても美味しく、種類も豊富で、価格も良心的。



ただ改善して頂きたい箇所が1つ。


揚げ物は、油を分けて欲しいなぁ。


あんこたっぷりの餡ドーナツから
アジフライのにおいがしたですよー。


残念ー!
すっごいざんねんーっ!!



さて、ランチを食べて帰りましょう。


2015062708.jpg 


酒蔵二軒目の前に駐車していた石窯ピザを売るバンを
なるべく視界に入れないように素通りし
前々から行ってみたかったスペイン料理屋さんへ。


2015062709.jpg 


ゴロゴロお野菜たっぷりのサラダと、コンソメスープ。


お豆が苦手なからんとが
お豆美味しい!と思ったサラダ。

結構すごい事ですよ?


2015062710.jpg 


メインのポークソテー。ピカタ風ですな。


ソテーのトマトソースも
添えてあるフジッリパスタのソースも
お皿の淵の青唐辛子?の甘くてピり辛いソースも、


2015062711.jpg 


オリーブオイルの塗られたバケットと合うったら、もう。


コーヒーも付いて、これで1000円未満は優良。



ふぃー、満足♪


お買い物を口実にした
 飲んで食べてなお散歩ですな。



季節限定銘柄もあるし
また頼んでくれてもいいのですよ?
(* ̄▽ ̄*)
 
 

ピクニックとフリマ


おでかけスイッチが入ったようで
 引き籠りが珍しく連日のおでかけです。



昨日は隣町の花公園にピクニックへ。


2015042501.jpg 2015042502.jpg 2015042503.jpg 


桜はもう終盤ですね。

桜吹雪が綺麗でした。


2015042506.jpg 


桜吹雪の下でお弁当。


ヤマゴボウ入り混ぜご飯のいなり寿司と
たまご焼きと
 ショウガの味噌漬け。



桜以外にもお花はたくさん植えてあって
 苗の販売とかもしていて。


2015042504.jpg 


花壇以外の場所にはタンポポもわっさり。



基本的に、公園内のお花は
 摘んだり持ち帰ったりしてはいけません。


でも。


「タンポポやツクシもダメですか?」

って聞いたら、

「ああ、雑草は別にいいです()

と、許可を頂きましたので。


2015042505.jpg 


土が肥えているので
子供の手の平くらいの大きなタンポポが
 ポコポコ咲いているのですよ。


タンポポワインの材料を頂いて帰りました。



で、今日は、近くの道の駅でフリーマーケットへ。


定住者の少ない山間部&観光地のフリマは
フリマと言う名のクラフト市な事が多いのですが
 案の定でした。


フリマらしい格安な処分品と
ちょっとお高いレトロ&アンティークな品々と
高額な手作りクラフトと
 イベントに便乗した屋台と。


4231くらいな感じ。


2015042507.jpg 


一目惚れその1。


ガラスのトカゲさん。


2015042508.jpg 


一目惚れその2。


藍染の帽子。


カバンはなんとなくで買ってしまった・・・。


2015042509.jpg 


一目惚れその3。


お豆腐入りお団子。
みたらしと黒蜜きな粉。

生麩とお餅を足したような
 不思議食感のお団子でした。

うまうま。


5月は藤見がてらパン屋さん巡りをしたり
アスパラ狩りに行ったり
 お気に入りの餅屋さんに柏餅買に行ったりしたいのです。


あー、友人に頼まれた買い物で酒蔵巡りもしないと。

酒蔵巡るとなぁ
試飲を勧めてくれちゃうから
 ついつい呑んじゃうんだよなーぁ。


しかしまぁ
 みごとに飲み食い関連ばっかですな。


山歩きも夕飯の材料を集めに行くようなもんですしねぇ。



食いしん坊は
どこに行こうと何をしようと
 所詮は食いしん坊なのです。

(*ノωノ)
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

twitter → @yamatanupon

calend archive

search

what's new

category

月 (6)