- welcome -

2018年 冬の終わりの散歩道


寒暖差の激しい日々にじわじわと体力を削がれる中
お日様も高い内から呑み歩き
食べ歩き
露天風呂で浮きながら寝落ちして
迎え酒して、と
堕落した数日を過ごしていたら
花粉症のピークを迎え
ただでさえ減っていた体力をごっそりと持って行かれ
 1週間ほどぐったりしておりました。


身体の中に溜め込んだ不健康が
 痛みとなって全身を蝕むような日々でした。
自業自得です、はい。


春のほかほか陽気が気持ち良くて
何かしたいと思う気持ちと
何もせず春眠に溺れたい気持ちがせめぎ合い
  元気になってもぼんやりと過ごす今日この頃。


なにはともあれ
 山タヌキは今日も幸せに生きております。



さて。


振り返る事、如月の終わり。


2018040301.jpg 

フクジュソウ開花。


2018040302.jpg 

少し温んで溶けた土からフキノトウ。


霜に当たって食べられるようなものではありませんけれども。


2018040303.jpg 

庭を散策したらスノードロップの蕾も。


2018040304.jpg 

翌日、ホワイトアウト。


すごい雪と風でした。

5メートル先は見えなかったですねぇ。


1週間ほどですっかり雪も溶け、再び暖かくなった弥生の半ば。


2018040305.jpg 

吹雪を乗り越えたスノードロップが開花。


その花もそろそろ終わるかなー、って頃合いで。


2018040306.jpg 

ドカ雪。


重っいべっちゃり雪が
 なんだかんだで50センチくらい積もりましたかね。


とは言え、3月も終わりの雪。

あっという間に溶けて、土も適度な湿り気に。


2018040307.jpg 
2018040308.jpg 

クロッカスが咲き。


2018040309.jpg 

イヌフグリが咲き。


2018040310.jpg 

ダンコウバイも。



やっとお山も春になってまいりました。

からんとも巣穴から出て食べられる道草を探しに行かねば。

しかしまだ花粉が・・・っ。


2018040311.jpg 
ぐー。


アレルゲンが収束するまで、もう少々。

ワンコと春眠していたい山タヌキです。
 
 
 
スポンサーサイト

2017年11月の散歩道


色と言う色を詰め込んだ秋の盛りを見せつけてから
それらすべてに茶色と灰色を混ぜ込んで
初冬の様を見せてゆく
 諸行無常な11月。


2017120901.jpg
2017120902.jpg

イチョウ。


2017120903.jpg
2017120904.jpg
2017120905.jpg
2017120906.jpg

モミジ。


2017120907.jpg
2017120908.jpg

イチョウとモミジ。


2017120909.jpg

モミジとクリ。


2017120910.jpg
2017120911.jpg

カラマツ。


2017120912.jpg
2017120913.jpg
2017120914.jpg

その他諸々。


2017120915.jpg
2017120916.jpg
2017120917.jpg
2017120918.jpg

秋の小路。


2017120919.jpg
2017120920.jpg

狂い咲きの春の花。


2017120921.jpg
2017120922.jpg

落葉。


2017120924.jpg
2017120925.jpg
2017120926.jpg

葉の落ちた木々に残った実。


2017120927.jpg

ヒイラギ。


2017120928.jpg
2017120929.jpg

ヤドリギ。

冬の訪れの先触れが目に留まると、


2017120930.jpg
2017120931.jpg

霜が降り。


2017120932.jpg

水が凍り出します。


たとえ精彩を失っても
ここは日本人の美的感覚を発揮して
 侘・寂と愛でようと心掛けるようにしています。

どんな季節も楽しんでこそのヒトトセです。
 
 
 

2017年10月の散歩道


交互に訪れる夏日と冬日
1週間以上続く雨
 週末毎の台風。


今年の10月は
 ずいぶんと天候に翻弄されました。


行きたかった秋祭りが
2つも中止になっちゃったじゃないのー!!
<(^´)>


引き籠りタヌキが人里に出る
 稀有な機会だったというのに・・・。


お散歩もあまり遠出ができなかったので
 ネタがいまいちです。


2017111201.jpg 
2017111202.jpg 

リンドウ。


2017111203.jpg 

ルリミノウシゴロシ。


青い実を見ると別名が先に出ちゃいます。

サワフタギです。


2017111204.jpg 

ヤマグリ。


お山の栗も良い実りだったのだけれど
 拾うタイミングに恵まれませんでした。


2017111205.jpg 

マムシグサ。


2017111206.jpg 

コブシ。


2017111207.jpg 

ツチスギタケ。


2017111208.jpg 

ムラサキシメジ。


裏はカビだらけ。


2017111209.jpg 

春か秋、年に1度は遭遇する
 捨てられたキノコの山。


鑑定できない人が無差別に採って
鑑定できる人に仕分けしてもらって
食不可をテキトーに捨てている?


でも食用キノコが山になっている事もあるし。


じゃあ、子供が無邪気にキノコ狩りごっこして
 遊び終わって放置されている?


いや、子供が遊ぶような場所じゃないしなぁ。


お山の不思議の1つです。


2017111210.jpg 

ユキムシに懐かれる。


ユキムシって呼ぶとなんだかファンシーだけれど
こいつら空飛ぶアブラムシなんだぜ?


2017111211.jpg 

・・・うまおい?


2017111212.jpg 

ナナカマドの紅葉。


2017111213.jpg 

ヤマザクラの紅葉。


2017111214.jpg 

あっという間に真っ赤に。


2017111215.jpg 

そしてあっという間に落ち葉に。


2017111216.jpg 
ふんふんふーん♪

2017111217.jpg 
ふんふふんふふーん♪


がしゃがしゃ歩くの大好きなー?
(´ω`*)


2017111218.jpg 

晴れの日のシラカバ。


2017111219.jpg 

霧の日のシラカバ。


2017111220.jpg 

ダンコウバイ。


どうもいまひとつな黄葉。
全体が色付く前に先っぽが枯れちゃうのです。


2017111221.jpg 

イチョウも黄緑。
いつまで経っても黄緑色。


黄色くなった葉から雨で叩き落されちゃうから。


2017111222.jpg 

モミジはこれから。

先端だけ紅葉。
今後に期待。


と言っても
ブログ更新と写真にタイムラグがありすぎて

もう終了してしまいました。
(^_^;)


キレイだった時の写真はまた後日。
 
 
 

2017年9月の木の実


週休5日が理想の山タヌキを、現実世界は認めてくれず。


続く強制労働にへにょへにょです。

いや、お仕事がある事は有難いのだけれども!


2017101901.jpg 

強制労働の一環。


ケーキは何より見た目が大事なんだそうで。


からんとは味重視だから
 あんまりキラキラしたモノは作れないんだけどなぁ。



雨ばっかで碌にお散歩にも行けず
 ストレスが溜まり始め。


“こくあま”トマトを
“こあくま”トマトと読み間違えて
ハロウィン限定のどんな蠱惑的なトマトなのかと
 30秒ほど見つめてみたり。

読書の秋だからって張り切って読み始めた本がシリーズ2巻目で
ストーリーにおいてけぼりをくらい
 枕にしてふて寝してみたり。


そしたら夜な夜な
本からオルゴールみたいな音楽が聞こえる気がして
 毎晩午前3時に目が覚めたり。



駄目タヌキっぷりが絶好調です。


きっとこの秋は
 脳にキノコじゃなくてカビが生えているのです。



さてさて。



今年の木の実は一粒一粒が大きいし数も多く
 スズメバチの襲撃以外は虫食いも少なくなかなかに豊作。


でも異常に不作不良な物もあるようで。ブドウとか。


物によって当たり外れが激しい9月でしたな。


2017101902.jpg 

オニグルミ。


2017101903.jpg 

クサボケ。


珍しくキレイに完熟。


2017101904.jpg 

イチイ。


甘いのでスズメバチがよく集まってきます。
こわいこわい。


2017101905.jpg 

アキグミ。


今年は大粒。

そしてやっぱりスズメバチが群がるのです。


2017101906.jpg 

負けずに収穫はするけれども!


2年物の果実酒が美味なのです。

お肌の日焼けやシミを修復・改善してくれる効果も高いのです。


2017101907.jpg 

ヒマラヤスギのぼっくりー。


冬になるとシダーローズとなって落ちてきます。


2017101908.jpg 

ヤマブドウ。


高い場所で実るので、これも落ちてくるの待ち。


2017101909.jpg 

サンショ。


今年も少し貰ってきました。


2017101910.jpg 

庭のカラーピーマンがついに黄色く!

甘くて美味しかったです。


10月はあと栗と銀杏を収穫して。

庭のブルーベリーの採り納めもしなければ。

実りの秋は楽し忙しいですな。
 
 
 

2017年9月の花と虫


8月の後半から秋の気配は漂い出し
 その流れのまま9月に突入。

秋の足は速いけど
 花の咲くタイミングは例年より少しずつ遅い感じ。


反対に虫さんたちは
 いつもより早め早めで行動しているような。


今年は早く寒くなりそうです。
中秋の名月に霜注意報も出ましたしねぇ。


2017100401.jpg 

ヒヨドリソウ。


2017100414.jpg 

アサギマダラさんの好物。


2017100402.jpg 

クサボタン。


2017100403.jpg 

ツリフネソウ。


2017100404.jpg 

ワレモコウ。


2017100405.jpg 

おおう、びっくりした。


2017100406.jpg 

ヤマハハコ。


2017100407.jpg 

アザミ。

アザミもチョウチョさんたちの好物です。


2017100408.jpg 

アキノキリンソウ。


2017100409.jpg 
2017100411.jpg 

シオンなのかノコンギクなのかカントウヨメナなのか。


2017100410.jpg 

センブリ。


2017100412.jpg 

壁にいたカマキリさん。


今年はそこにタマゴ産むの?
130cmくらい雪積もるの?


2017100413.jpg 

違う日にお会いした別のカマキリさん。


手に持っているのは
 脱皮した自分の皮・・・では無さそうですねぇ。

ご主人?


お花が見られるのもあとひと月ですなぁ。
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time