FC2ブログ

- welcome -

おいしいシイタケ「にく丸くん」2018


パソコンさんが
機嫌の良い日は新品の時のようにサクサク動くのに
機嫌の悪い日は3文字打ち込んだだけでフリーズするという
危うい状態になってしまい
 思うように更新できぬ日々でございます。



さて。


前回に引き続き、美味しいキノコ自慢。

今回はシイタケさんに特化です。

再度宣伝を!


2018120301.jpg 


浅香椎茸園さまの『にく丸くん』おいしいよ!!!

買って!食べて!


以下、調理例。


まずはコレを食べないと。


2018121201.jpg 


焼いて、醤油もしくは醤油麹!


シンプル・イズ・ベストでございますぞ。

ベストが多数存在しますがな!


2018121202.jpg 


研いだお米に、水、日本酒とお醤油少々
 厚めにスライスしたシイタケさんをどっさり♪


2018121203.jpg 


生シイタケの炊き込みご飯。


おかず要らずでパクパクです。


2018121204.jpg 


おばあちゃんリクエスト。

ネギ味噌&チーズ乗せ焼きシイタケ。

ビール・・・ビールを下さい・・・!



シイタケさんは洋食にも合います。


2018121205.jpg 


パンキッシュ。


2018121206.jpg 


見えにくいけど、シイタケさんは中にたっぷり。


2018121207.jpg 


キノコのアヒージョ。


ニンニク、生ハムをみじん切りにして
鷹の爪もちょっぴり加え
たっぷりのオリーブオイルで香りが出るまで炒めたら弱火にして
大きめに切ったシイタケ、エリンギ、マッシュルームを入れ
弱火のままじっくり火を通し
塩コショウで味付けをしたら
仕上げに刻んだパセリを散らして
 できあがり。


キノコの旨みがじゅわじゅわです。


2018121208.jpg 


残ってしまったキノコエキスたっぷりのオリーブオイルに
野菜・ベーコン・シイタケさんを足して
 翌日のランチ。


椎茸メインの具だくさんペペロンチーノ。


2018121209.jpg 


〆は原点回帰で、生シイタケの煮物。


干しシイタケで作る煮物よりも薄味に
 むっちりとした食感を楽しめるように。


お口の中がうまうまです。



今年も大変おいしゅうございました。
ごちそうさまでした!
(≧▽≦)


そんじょそこらのシイタケさんでも美味しいけれども。
なばやまさん家のシイタケさんだともっと美味しいよ!


さぁ、この美味しさを体験するのです!
季節限定ですぞ!

ご注文はこちら!!()


や、本当に美味しいのですぞ。
(*´▽`*)
 
 
 
スポンサーサイト

2018年のキノコ自慢


2018120301.jpg 


今年もまたまた頂いてしまいました。


浅香椎茸園さまの『にく丸くん』!!


大きくて、肉厚で、香り良く、味も濃厚。
一級品の美味しいシイタケさんです。



頂くばかりなのでせめて宣伝を!


なばやまさん家のシイタケさん、おいしいよ!
買って!食べて!
特に熊本に近い所にお住いの方々は是非!



調理した写真はまた後日まとめて自慢させて頂きます。

取り急ぎお礼を。

ありがとうございました。

余さず美味しく頂きます!
m(_ _)m



さて。


高級シイタケさまに乗っかり
 ついでに野良キノコの自慢でも。



昨年が不作だったのを補うかのように
 今年の9月はキノコがとても豊作でした。


が。


台風による土砂崩れの後
いい感じに菌の充ちた土が流されてしまったようで
からんとの行動範囲では
 10月からはほとんどキノコを見かけませんでした。


残念至極。


それでもまぁ
 美味しいキノコにはそこそこありつけましたな。


この時期はまだ古い方のカメラを使っていたので
 あまり良い写真は無いのですが。(^_^;)



もっさり採れたのは2回くらい。


2018120302.jpg 


アカハツタケ、ニシキタケ、ハタケシメジ。


2018120303.jpg 


ニシキタケ、ハツタケ、ササクレヒトヨタケ
 ナラタケ、ハナイグチ、ハタケシメジ。


あとは、採りたいなー?と思った日に少しずつ。


2018120304.jpg 


いつもお世話になっております、ハタケシメジさん。


2018120305.jpg 


アカハツタケさんは洋食担当。


2018120306.jpg 


普通のハツタケさんは和食担当。


2018120307.jpg 


ナラタケさんとイグチさんはお味噌汁担当。


ナラタケさんは夏が暑いと出てくるキノコ。
キノコは嫌いじゃないけれど、暑い夏は嫌いだ・・・。


2018120308.jpg 


今年初挑戦したニシキタケさん。


おっかなびっくり食べてみたらば、甘い?!


癖が無いながらもしっかりとしたキノコらしい旨みに加え
 甘みがすごい。

甘ったるい訳ではなく、野菜の甘み的な。

残念ながら簡単にバラバラになってしまうので
食感はほぼ感じられないキノコですが
 これは美味しい。


クリームソース担当に就任しました。


2018120309.jpg 


数年ぶりにたくさん採れたササクレヒトヨタケさん。


2018120310.jpg 


アカモミタケさんはいまひとつ。

ちっちゃいのしかなかったなぁ。
暑すぎた?


2018120311.jpg 


フィットチーネ2種。


ニシキタケのクリームソース。

アカハツタケのアラビアータ。


2018120312.jpg 


ハツタケご飯。


ハツは刻んで砂糖醤油で甘辛く煮て
炊きあがった硬めの白米に汁ごと加えてよく混ぜて
しばし蒸らしたハツご飯は
 マツタケご飯に並ぶ秋の味覚。


松尾芭蕉も歌に読んだとかで
 からんとはそれにちなんで『芭蕉飯』と呼んでおります。


2018120313.jpg 


ササクレヒトヨタケのグラタン風。


2018120314.jpg 


ハタケシメジたっぷりチーズリゾット。


2018120315.jpg 


ハタケシメジたっぷりバター醤油パスタ。


2018120316.jpg 


焼きたてクランペットのキノコソースがけ。


2018120317.jpg 


鮭とハタケシメジのホイル焼き。


市販のブナシメジには戻れない美味しさなのです。


2018120318.jpg 


ハタケシメジの炊き込みご飯と、根菜と雑キノコ汁。


格好つけた洋風も良いですが
 こーゆー田舎飯こそ野良キノコの醍醐味ですな!



うん、まぁ、おいしければなんでも好きですけどね!


今年も恵みに感謝です。
(*´ω`*)
 
 
 

ガトー・カフェモカ


「・・・これ、よろしければ」と渡されたホワイトチョコは
車内に放置されて液体となり
 再び固まった無残なモノとなっていました。


2018112001.jpg 


いつからだ?
夏か?夏なのか!?


これも夏の名残。
なんと憐れな。
供養したいと思います。


2018112002.jpg 


生クリームとバターを加えて再度溶かし
インスタントコーヒーとコーヒーリキュールを加え混ぜ、


2018112003.jpg 


卵黄も加えて混ぜ混ぜ。


2018112004.jpg 


薄力粉とベーキングパウダーも加え
 粉っぽさが無くなるまでよく混ぜたら、


2018112005.jpg 


別ボウルで泡立てたメレンゲを数回に分けふんわりと混ぜ込み、


2018112006.jpg 


ケーキ型に流し入れて焼成。


2018112007.jpg 


冷めたら型から抜いて、切り分けて。


ホイップクリーム諸々を添えて出来上がり。


2018112008.jpg 


ガトー・カフェモカ。



美味しく食べるから、成仏しておくれ。
( ̄~ ̄)ムシャァ
 
 
 

profile

からんと

Author:からんと
  
自然と食を愛する
山奥住まいの緑のタヌキ♀

しかし某カップ麺は
赤いきつねの方が好き。

calend archive

category

search

what's new

check the time